【来場】天文学講座「ロゼッタ探査機が明らかにした彗星の姿」を開催します(2022年7月10日)

2022.06.10

イベントの詳細

タイトル ロゼッタ探査機が明らかにした彗星の姿
日時 2022年7月10日(日) 13:15~14:10
講師 小林 仁美 氏(株式会社フォトクロス/エストリスタ)
講演概要 ハレー彗星の探査が行われてから約30年後。探査機「ロゼッタ」によるチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の探査が行われました。ロゼッタは彗星探査史上初となる「周回探査」に成功し、約2年という長期に渡り多くのデータを我々に提供してくれました。この探査で得られた成果を紹介するとともに、「彗星」という 天体の理解の移り変わりについて解説します。
対象 高校生以上の方
※中学生以下の方でもわかりやすいように、極力イラストや絵が多めの資料を用意する予定です。
申し込み 参加申込フォーム(来場希望者のみ)
  • 事前予約制・定員40名
  • 入場料・参加費無料
  • ライブ配信(YouTube)を視聴される方は予約は必要ありません。
  • 講師への質問・コメントも受け付けております。→ 質問フォーム(slido)
備考
  • 同時刻に「YouTube京都産業大学神山天文台チャンネル」にてライブ配信を行います。
  • アーカイブは残しませんのでご注意ください。
  • オンライン配信の視聴には、パソコン、スマートフォンなどの機器とインターネットに接続できる環境が必要です。インターネットに接続する料金は視聴者の負担になります。
共催 彗星会議/日本天文学会/日本天文教育普及研究会

講師プロフィール

小林 仁美 氏
株式会社フォトクロス/エストリスタ

1984年生まれ。幼稚園時代に出会った絵本の影響で天文学の道に。2012年3月、京都産業大学大学院理学研究科物理学専攻にて博士号(物理学)を取得。専門は彗星の観測的研究。現在はフリーランスとして天文・物理分野の研究サポートサービス業や執筆活動を行う傍ら、株式会社フォトクロスにも所属し、研究活動を続けている。

PAGE TOP