SDGs(エスディージーズ)をテーマとする特別授業を京都府立山城高等学校で実施しました!

2019.04.20

TAG:

トピックス教育総合生命科学部生命科学部
本学生命科学部と京都府立山城高等学校が取り組む2019年度高大連携事業の一環として、2019年4月20日(土)8:45~12:00、京都府立山城高等学校大会議室にて「持続可能な開発目標(SDGs:エスディージーズ)とわたしの学びの未来について、問いを立てる」ことをテーマとする特別授業を実施しました。
受講対象者は理科系への進路を決めて間もない同高校の2年生84名、講師は生命科学部の佐藤 賢一 教授が務めました。授業前半部では、SDGsについて笑いながら感じながら学ぶためのカードゲームなど、後半部では、SDGsについて「自分ごと化」するための問いづくりをおこないました。授業後の振り返りでは「相手の評価を気にしなかったら質問や意見が出しやすい」「SDGsのことなど、物事をいろいろな面から見て考えることが大事だ」といった声が多く書かれていました。
この授業がこれからのみなさんの学び、そして私たちの学び合いの後押しになることを期待しています!
生徒たちが問いづくりや、SDGsを学びながら遊ぶ?あるいは遊びながら学ぶ?カードゲーム、そして「私達の学びと2030年」を結び付けて考えるワークなどに取り組む様子。
PAGE TOP