理学部学生が、堺市教育文化センター「ソフィア・堺」のプラネタリウムで星空解説

2019.08.23

TAG:

トピックス学生の活動理学部

2019年8月23日(金)に大阪府堺市にある堺市教育文化センター「ソフィア・堺」にて、本学理学部の宇宙物理・気象学科の学生たちが、来場者を前にプラネタリウムの上映・星空解説を行いました。ソフィア・堺には、本学理学部物理科学科の卒業生である小坂 美紀 さん(2016年度卒)が勤務されており、プラネタリウムの投影・星空解説等を行っています。その縁もあり、理学部及び神山天文台と連携した取り組みを定期的に実施しています。

今回のプログラムは「星空自由研究」と題して、子供たちにプラネタリウムの星空観察を通して夏休みの自由研究に取り組んでもらうことを目的に、実施されました。
理学部宇宙物理・気象学科からは、小谷 佳那さん(2年次)、 小田 純之介さん(1年次)、丸谷 一輝さん(1年次)の3名の学生が、実際に投影・星空解説を行いました。公演後、来場者の方からは「大人から子どもまで幅広く楽しめる公演だった」とのお声もいただけました。今回の特別投影・星空解説は、学生にとって、大変貴重な経験であり、参加した3名は、ソフィア・堺でのプラネタリウム投影・星空解説をやり遂げたこと、学んだことに自信を持ち、今後も様々なことに挑戦して頑張ってくれることと思います。

理学部では、科学館やプラネタリウムで働くために重要な学芸員資格取得のためのコースや、科学館・プラネタリウムなどにおけるインターンシップなどのキャリア実習教育にも力を入れています。

PAGE TOP