東郷 和彦 世界問題研究所 所長がソウル訪問

2018.11.05

TAG:

トピックス研究

2018年安重根国際会議への参加

2018年11月5日(月)、韓国 安重根義士記念館にて、同記念館および龍谷大学安重根平和研究所共催の2018年安重根国際会議に東郷 和彦(所長)が参加し、報告を行った。

報告1 韓国の愛国者安重根に関するロシアの資料:現在の状況と分析
ベラ・ホリソーブナ(ロシア東洋学研究所)
報告2 1909年安重根の伊藤博文暗殺事件におけるアメリカのマスコミの反応
フランクリン・ローシュ(アメリカ・レンダー大学歴史学教授)
報告3 ハルピン義挙現場撮影フィルムの行方
李泰鎮(ソウル大学名誉教授)
報告4 安重根の意義と日韓関係~日本外交の視点から
東郷和彦(所長)

参考資料:東郷 和彦(安重根の意義と日韓関係—日本外交の視点から—)PDF

日本外交講演会への参加

2018年11月6日(火)、ソウル市内会議場にて、Asia Risk Monitor(代表:ロー・ダニエル)が主催する日本外交講演会に東郷 和彦(所長)が参加し、“Abe’s Foreign Policy and Japan-Korea relations”と題する講演を行った。

参考資料:東郷 和彦(Abe’s Foreign Policy and Japan-Korea relations)PDF

ロー・ダニエル氏(左端)と
日本外交講演会参加者と
PAGE TOP