平成29年度 学校法人 京都産業大学 サギタリウス基金 2世代・3世代支援奨学金採用通知授与式開催

2017.09.12

TAG:

トピックス
授与式出席者全員で記念撮影

9月12日、平成29年度 学校法人 京都産業大学 サギタリウス基金 2世代・3世代支援奨学金採用通知授与式が執り行われました。

「2世代・3世代支援奨学金」は、本学の創立50周年記念募金により創設された「サギタリウス基金」を資金源とする給付型奨学金で、京都産業大学ファミリーのつながりを深め、親子・孫の関係で本学の門をくぐった学生が、本学の神山スピリッツを具現化する人材として各方面で活躍できるよう支援することを目的として誕生しました。

授与式では、吉永 一行 社会連携センター長より本奨学金の趣旨説明や出願状況の報告がなされた後、奨学生93名を代表して、安田 紗さん(経営学部1年次)と田中 亜実さん(法学部1年次)が、大城 光正 学長より採用通知書を授与されました。
大城学長は、奨学生に向けて「ここにおられる皆さんは、ご父母・ご祖父母から京都産業大学の建学の精神を既に継承されていることと期待しています。今後の学生生活ではさらに、創立50周年を機に掲げた『神山スタイル』で示すような、明朗快活で協調性を備え、正確に情勢を見極める判断力を体得し、世代を超えた『むすぶ人』となって、国内外を問わず世界に雄飛してくれることを期待します」とメッセージを送られました。また、代表の2名からは「母から在学中に神山ホールが完成し、神山ホールで自分たちが初めて卒業式をしたと言う話を聞きました」といった親子でかわされた本学の思い出の話や「夢を実現できるよういろんなことにチャレンジして、多くの知識、技術を身につけたい。交換留学も視野に入れていて、TOEICやTOEFLの点数が基準値に達するよう努力したい」といった、今後の学生生活での目標を語ってくれました。

趣旨説明を行う吉永 一行 社会連携センター長
奨学生を代表 安田 紗さん(経営学部1年次)
奨学生を代表 田中 亜実さん(法学部1年次)
今後の大学生活での目標を語る安田さん(右)
大城学長から奨学生へメッセージ
PAGE TOP