高知県との就職支援協定締結

2017.03.24

TAG:

ニュースキャリア地域社会

京都産業大学は、高知県内の企業等への就職を希望する学生の支援、就職促進を目的に、高知県と就職支援に関する協定を3月22日に締結しました。
この協定は、本学と高知県が相互に連携・協力し、学生に対し高知県内の企業情報等を提供するなど、就職活動を支援することにより、高知県内のU・Iターン就職の促進を図ることを目的に締結したものです。
京都産業大学では、これまでもU・Iターン就職の希望者に対し、セミナーや個別相談会、地元就職希望者と企業のマッチングを図るなどの取り組みを行ってきました。
今回、協定を締結することで、それらの取り組みをさらに充実させ、学生の進路・就職先をより拡大し、よりきめ細かな進路指導が可能になると考えています。

高知県庁で行われた調印式には、大城光正 学長、尾崎正直 高知県知事が出席し協定書に署名しました。
今回の協定について尾崎知事は「高知県は人口減を解消するため、県内で様々なチャレンジを行っている。このチャレンジの後継者となる志のある若者たちに高知に戻ってきてもらえるよう、高知県の情報をしっかりと届けるとともに、大学に後押しをしてもらいたい。」と期待を述べられました。
大城学長は「京都産業大学は建学の精神に国内外で活躍できる人材の育成を謳っている。地域で活躍し、ひいては日本を背負ってたつ人材を育成したい。地元で働きたいという学生は100%地元に帰ってもらえるよう、連携を深めていきたい」と抱負を語りました。

高知県との就職支援協定 連携事項

  1. 学生に対する県内の企業情報、各種イベント等の周知に関すること。
  2. 学内で行う合同企業説明会等の開催に関すること。
  3. 保護者向けの就職セミナーの開催に関すること。
  4. 学生のU・Iターン就職に係る情報交換及び実績把握に関すること。
  5. 県内企業等における学生のインターンシップ受入の支援に関すること。
  6. その他、学生のU・Iターン就職促進に関すること。

京都産業大学の就職支援協定締結

福井県、香川県、滋賀県、石川県、徳島県、岡山県、広島県、鳥取県(包括)、福岡県、新潟県、愛媛県と合わせて12県目

協定書を掲げる尾﨑知事(左)と大城学長(右)
協定調印式出席者全員で記念撮影
PAGE TOP