令和4年度 第1回度新任教員研修会を開催しました

2022.05.11

4月27日(水)、教育支援研究開発センター主催「令和4年度 第1回新任教員研修会」を開催し、新任教員14名を含む本学教職員27名が参加しました。

今回の新任教員研修会では、本学の実施している「教員-学生間の授業に関する対話」をテーマとしました。

黒坂 光 学長からの「学修者本位の教育の実現に向けた取り組み」を交えた開会挨拶ののち、白鳥 秀卓 教育支援研究開発副センター長から本学の教育支援の取り組みについての説明がありました。

その後グループに分かれ、「対話」について同センター運営委員と新任教員とで、意見交換を行いました。「対話」の方法や学生の反応についての運営委員からのアドバイスや、新任教員の質問や悩み等について、活発な意見交換が行われました。

総括では、藤野 敦子 同センター長より、「本学は多様な学生を受け入れている。対話を行っていただきながら、ぜひそのような多様な学生を本学で伸ばしてあげてほしい。また、今回の意見交換から、今後大学として教員の教育を支援していくうえでも大切な気づきがたくさんあった。」と述べられました。

今回の研修会に参加した新任教員からは、「対話の重要性を改めて感じるとともに、本学学生の特徴と特徴を考慮した授業構成について考えさせられた」や「先輩教員や事務局の方から教えていただくことで、疑問点が解決したので助かった」、「このような場で他学部の先生の話を聞けるのは非常に貴重な機会で、とても有意義だった」などのコメントが寄せられました。

黒坂学長開会挨拶
グループワークの様子
PAGE TOP