新型コロナウイルス感染症と診断された、あるいは濃厚接触者に指定された場合の対応について

2022.01.18

連絡や報告(感染者及び濃厚接触者)

学生や教職員の感染が判明した場合には、医療機関から本人や保護者に診断結果が伝えられるとともに、医療機関から保健所にも届出がなされます。
感染が判明した場合は、本人(または保証人)から大学の報告フォームを通じて登録してください。

※登録には本学のOffice365環境のアカウントが必要です。

また、保健所から濃厚接触者と指定され、検査や自宅待機を指示された場合も同様に上記の報告フォームを用いて登録してください。登録が確認されましたら、確認のため、翌日以降、大学から本人宛に折り返し連絡します。(平日8:45~16:30)
なお、教職員においては、報告フォームへ登録するだけでなく、各自で所属長に連絡して、対応を協議してください。
保健管理センターは、感染者や濃厚接触者の情報を新型コロナウイルス感染症対策本部及び所属学部等と共有します。
保健所から、感染者本人への行動履歴等のヒアリングが行われる場合には、できるだけ協力してください。また、保健所が大学に対して、感染者の行動履歴把握や濃厚接触者の特定等のための調査を行う場合には、本学も全面的に協力します。

知人等が感染するなどした場合に、自分が感染しているかどうか不安な場合は、以下のサイトに公開されている情報を参考にして、濃厚接触者に該当するかどうかを確認してください。濃厚接触者に該当する場合は、保健所からの連絡を待たずに、登校/出勤はせず、自宅待機してください。また、上記報告フォームを通じて登録するとともに、感染者・濃厚接触者と同様に所属学部等に連絡してください。

感染者や濃厚接触者等の入構禁止

感染が判明したあるいは濃厚接触者と指定された場合は、保健所が定めた入院・療養、自宅待機期間中のキャンパス入構を禁止します。
学生においては各自で所属学部へ連絡し、指示を仰いでください。また、対面授業を欠席する場合は、担当教員に連絡して対応を確認してください。なお、感染症を理由とする公欠の取り扱いはありません。

体調不良の場合

以下のような症状が強くある場合は、登校/出勤せずに速やかに医療機関を受診してください。
発熱(37.5℃以上)、頭痛、のどの痛み、咳、鼻水、関節痛、味覚・嗅覚異常、吐き気、嘔吐、下痢等
医療機関を受診後、感染が判明した場合は、上述の感染者の取り扱いに沿って、対応、報告をしてください。
お問い合わせ先
京都産業大学 保健管理センター
〒603‐8555 京都市北区上賀茂本山
雄飛館4F
Tel.075-705-1511
月~金曜日:8:45~16:30(13:00~14:00を除く)
PAGE TOP