京都の大学内では初!被害者学を学ぶ学生が犯罪被害者支援の寄付イベントを学内で開催

2019.07.16

TAG:

メディア掲載法学部プレスリリース

京都産業大学法学部の新(あたらし) 恵里ゼミ生(4年次生:20人)が、犯罪事件に遭われた犯罪被害者の存在や支援の在り方を知ってもらうことを目的としたイベント「ホンデリング※ in 京都産業大学2019」を開催します。ぜひ取材いただき、広く紹介くださいますよう、よろしくお願い申しあげます。

【本件のポイント】

  • 京都産業大学法学部 新ゼミでは、「被害者学・被害者政策学」をテーマに、犯罪事件に遭われた犯罪被害者やその支援に関わる政策について学んでいる。
  • 公益社団法人京都犯罪被害者支援センターによると、被害者支援に向けた寄付イベントを大学内で実施するのは、京都府内では初めて。イベントで回収した書籍等の売却金は、公益社団法人京都犯罪被害者支援センターに寄付し、被害者支援の活動に役立てる。
  • イベントでは書籍等の回収のほか、犯罪被害者支援に関するパネル展示やリーフレットの配布も行い、犯罪被害者への政策や支援の必要性と、誰にでも被害者支援に参加できることを同世代の学生に訴えかける。
※ ホンデリングとは、家庭で不要になった書籍やCD、DVD等を回収し、それらの売却金を無料のカウンセリングや法律相談の充実といった犯罪被害者への支援に活用する取り組み。


 リリース日:2019-07-16

ホンデリング in 京都産業大学2019

日時 2019年7月17日(水)12:15~13:15
7月19日(金)12:15~15:00
場所 京都産業大学5号館1階ロビー(京都市北区上賀茂本山)
内容 各家庭で不要になった書籍、CD、DVD、ゲーム、切手、衣服の回収ほか、犯罪被害者支援に関するパネル展示やリーフレットの配布
主催 京都産業大学法学部 新ゼミ(4年次生) 20人
お問い合わせ先
内容について:京都産業大学 法学部事務室
〒603‐8555 京都市北区上賀茂本山
Tel.075-705-1458

取材について:京都産業大学 広報部
Tel.075-705-1411
PAGE TOP