陸上競技部(女子駅伝チーム) 富士山女子駅伝で8位入賞!

2015.12.30

TAG:

ニューススポーツ
12月30日(水)、富士山女子駅伝(2015全日本大学女子選抜駅伝競走 7区間 43.4km)が、富士山本宮浅間大社前をスタート、富士総合運動公園陸上競技場をゴールとして行われました。

レース展開

全日本大学女子駅伝3区で4人抜きを演じた棚池 穂乃香 選手(経済・1年次)は欠場。万全とは言えない状況でレースに臨みました。

力のある選手が集う1区を任されたのは藪田 裕衣 選手(法・2年次)。トップとは50秒差、8位とは30秒差の11位で2区につなぎました。7区間中最短の2区を走った清水 穂高 選手(法・2年次)は駅伝初出場。区間14位にまとめて3区で待つ主将・川嶋 はるか 選手(経済・4年次)にタスキをつなぎました。

14位でタスキを受けた川嶋選手は4年次生の意地を見せつけ、区間2位の力走で3人を抜いて11位に浮上。第2中継所では27秒あった8位との差を10秒にまで詰めました。4区の佐藤 季実子 選手(法・3年次)は全日本大学女子駅伝6区で区間2位の実力者。前半から猛烈な追い上げをみせて一時は7位争いを演じましたが、後半にやや失速し9位で第4中継所に飛び込みました。

5区を走ったのは関西女子駅伝2区区間賞の今川 綾菜 選手(法・2年次)。順位を1つ上げて8位入賞圏内に入り込んできました。全日本大学女子駅伝では5区区間17位と不本意な結果で終わってしまった6区の関 真衣子 選手(文化・2年次)は、その悔しさを振り払うかのような快走を見せて順位を2つあげ、6位でアンカーにつなぎました。

上り坂がひたすら続く7区を任された今井 奏絵 選手(経営・3年次)は、昨年も同区間を走った経験を活かし、落ち着いた走りを見せました。後ろから追い上げてきた2チームにはかわされましたが、昨年と同じ8位でゴールしました。
1区 藪田 裕衣 選手
3区 川嶋 はるか 選手
4区 佐藤 季実子 選手
5区 今川 綾菜 選手
6区 関 真衣子 選手
7区 今井 奏絵 選手

結果

区間 名前(学部・学年) 区間記録  順位
 1区 6.6km 藪田 裕衣(法・2年次)  21分09秒  区間12位  総合11位
 2区 3.5km 清水 穂高(法・2年次)  11分40秒  区間14位  総合14位
 3区 4.4km 川嶋 はるか(経済・4年次)  14分23秒  区間2位  総合11位
 4区 9.4km 佐藤 季実子(法・3年次)  31分59秒  区間6位  総合9位
 5区 5.0km 今川 綾菜(法・2年次)  16分25秒  区間7位  総合8位
 6区 6.8km 関 真衣子(文化・2年次)  23分06秒  区間5位  総合6位
 7区 7.7km 今井 奏絵(経営・3年次)  29分24秒  区間12位  総合8位
 総合記録 2時間28分06秒
記事・写真:体育会本部編集局 鐘ヶ江 直哉さん(経済・1年次)
PAGE TOP