第20回企画展「山口吉彦コレクション おと・いろ・かたち-南米から日本へー」開催(9月28日~11月30日)

2020.11.02

山形県鶴岡市出身の文化人類学研究者 山口吉彦氏はかつて南米アマゾンに赴き、そこに住む人々と交流をしました。その間に収集された資料は2万点にも及びます。これらの資料は、現地の文化が失われつつある昨今、非常に貴重なものといえるでしょう。本企画展では、アマゾンをはじめ、南米各地で収集された資料を紹介します。
民族資料には時代や場所を超え、普遍性を持つものが多くあります。遠く離れた南米・アマゾンと東アジア・日本との共通項や差異を見出し、比較を行うことで自国・他国の文化を見つめる一助となれば幸いです。
また、今回の企画展は京都外国語大学国際文化資料館と連携して開催いたします。京都に在る大学ミュージアムの2館で南米に関る「小原豊雲コレクション」「山口吉彦コレクション」という二つの貴重資料を公開できることは、喜びに堪えません。この機会にそれぞれの持つ特色をぜひご覧ください。


第20回企画展目録
※展示室内でも目録(白黒)を配布しています。
カラー版がご入用の方は各自でダウンロードをお願いいたします。
 
企画展webアンケートフォーム
ご来館いただきました皆様にアンケートをお願いしております。
是非ご感想をお寄せください。
 
展示資料:マラカス
展示資料:うなり板
展示資料:ワイワイ族のネックレス
山口 吉彦氏(1970年代の調査にて撮影)

※ご来館に際してのお願い※
本企画展は新型コロナウイルス感染予防対策を実施したうえで開催いたします。ご来館及び施設の利用にあたっては、マスクを必ずご着用いただきますようご協力お願い申し上げます。
ご来館前には必ず

「当館の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてお知らせとお願い」
をご確認ください。
ご入館の際に検温を実施しています。また、「緊急連絡用来館者カード」の記入・提出をお願いしております。

※今後の新型コロナウイルス感染拡大等の状況により、展覧会・関連イベントを中止、延期する場合がございますので、予めご了承ください。最新の情報はギャラリーホームページ、Twitterをご確認ください。

期間 2020年9月28日(月)~11月30日(月)
休館日 日曜・祝日
※ただし、10月18日(日)、11月15日(日)は開館
時間 月曜日:13:00~16:30
火~土曜日:10:00~16:30
(いずれも入館受付は16:00終了)
場所 京都産業大学むすびわざ館2階 ギャラリー
京都市下京区中堂寺命婦町1-10
むすびわざ館へのアクセス
入場料 無料
関連イベント  講演会①「アマゾンに魅せられて」
講師:山口吉彦氏(一般社団法人アマゾン資料館顧問)、山口考彦氏(一般社団法人アマゾン資料館代表理事)
ナビゲーター:江口崇氏(有限会社ウミオニア代表)

講演会②「アマゾン先住民と暮らすージュルア川のマディハ族」
講師:中牧弘允氏(国立民族学博物館名誉教授・吹田市立博物館特別館長)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインにて配信します。閲覧方法は後日web上でお知らせいたします。
資料所蔵:一般社団法人アマゾン資料館
PAGE TOP