総合生命科学部 バイオフォーラム2017開催(12月1日)

2017.11.24

TAG:

イベント公開講座総合生命科学部

京都産業大学 分子生態学セミナー/総合生命科学部 バイオフォーラム2017

最先端の生命科学研究に触れてみませんか

宇賀神 篤(JT生命誌研究館 奨励研究員)

「ミツバチの脳科学—遺伝子発現から見た熱殺蜂球形成—」

高度に発達した社会性を持つミツバチの仲間は、様々なユニークな行動を示す。中でも、スズメバチ類を多数のミツバチが集団で囲んで蒸し殺す「熱殺蜂球形成」は、昆虫が発熱して天敵に対抗するという生理学的・進化生物学的に興味深い行動である。本バイオフォーラムでは、脳内の遺伝子発現に着目して熱殺蜂球形成行動を理解しようとする試みについてお話ししたい。ミツバチの脳と遺伝子に関連したいくつかのトピックについてもご紹介できればと考えている。

日時 2017年12月1日(金) 16:30~18:00(開場 16:00)
場所 京都産業大学 9号館1階903セミナー室
交通 ※キャンパス内に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
交通アクセス
備考 事前申込不要・入場無料・途中参加、退出可能
主催 京都産業大学 総合生命科学部
PAGE TOP