海外の学生と交流しよう! Online Language Exchange Program Event ~新しい国際交流のカタチ~

2021.07.07

 Online Language Exchange Program Eventを行いました!
コロナ渦が長く続く中、国際交流センターでは、本学の学生に、海外の学生との交流の場を提供し、異文化コミュニケーションや語学力の向上につなげることを目的として、学期ごとにオンラインでのランゲージ エクスチェンジ プログラムを行っています。
オンライン ランゲージ エクスチェンジ プログラム:Online Language Exchange Program (OLEP)とは、気軽に会話を楽しみながら、お互いの言語を教えあうプログラムです。2020年度秋学期に初めてOLEPを実施し、2021年度春学期には、本学の学生、協定校10大学の学生を合わせて、118名がOLEPに参加しています。
通常は1対1でオンラインツールを利用し連絡を取り合っていますが、6月19日(土)にZoomを利用して今学期メンバーでの全体イベントを行いました。6ヶ国6大学35名の学生が参加し、お互いの文化の違いや言語についての理解を深めることができました。
当日、司会を務めてくれた理学部 4年次 野地 ひよりさん より、その様子をご報告させていただきます!
 
当日、司会を務めてくれました!
理学部 数理科学科 1年次 古安 梨花さん、理学部 宇宙物理・気象学科 4年次 野地 ひよりさん(左から)
今回のイベントでは、7つのグループに分かれて、グループごとにお互いの共通点探しと、家にあるユニークなもの紹介をし合いました。初めは会話が続かなかったグループも、紹介された国際色豊かなユニークなものについて話すことで、自然と話も盛り上がりました。
また、イベント終了後にフリートークの時間を設けましたが、文化や言語を更に紹介し合うことができ、様々な話題で盛り上がりました。
いつもOLEPのパートナーに、今まで当たり前で気が付かなかった日本の姿に気付かせられます。今回のイベントは、そんな当たり前ではない、異文化に触れられる良い機会になったと思います。
 

参加したみなさんの感想をご紹介します

  • 普段のパートナーとの会話の中で教えてもらった単語を使って、話すことができました。フリートークの際に話した方々から、韓国の文化や日本とのギャップについて教えてもらい、知識の蓄積につながりました。
  • お互いに言語を教え合う良い機会になり、パートナー以外の方とも交流する機会を積極的に作ることができましたまた、学年、学部を超えた本学の学生同士での会話もでき、久しぶりに新しい出会いもあり、新鮮な感じでした。
  • 色々なトピックについて話せて充実した時間でした。
  • I got to know new interesting people and learn new things.
  • イベントで様々な国や言語に触れることができました。フリータイムでも、日本のことや自分自身の趣味など、プライベートなことも沢山話すことができ、友達もできました。
7月17日(土)にも2回目のイベントを行う予定です。
また、秋学期もOLEPのメンバーを募集する予定ですので、興味のある方はぜひご応募ください!
 
PAGE TOP