三重県の現職知事が京都産業大学で講義 令和を担う学生に三重県の「いま」と「未来」を語る!

2019.06.18

京都産業大学法学部では、公共的な分野にも視野を広げ、地方自治の実情を政治学や法律学の枠組みで理解することを目的に、ゲストスピーカーがリレー形式で講義する「地方自治未来論」(担当:山田 啓二 教授)※を開講しています。このたび、三重県知事の鈴木 英敬 氏を講師に招き、講義を行います。

【本リリースのポイント】
  • 前京都府知事の山田啓二 法学部教授が、政治家や国・地方の行政職員等をゲストスピーカーに招き、現場から見た地方自治の問題点と今後の方向性を伝えるリレー講義
  • 京都産業大学と三重県は、2019年2月に就職支援協定を締結。三重県出身者や三重県での就職を考える学生の聴講も受け付け、適切な職業選択を支援
  • 現職の三重県知事が、三重県の「いま」と「未来」を語り、令和を担う学生に地方自治の現状を伝える
※ 法学部3年次生を対象に開講している専門教育科目。「初級地域公共政策士」の資格取得に向けた「初級地域公共政策士・法政策基礎プログラム」の構成科目の一つ。

リリース日:2019-06-18

法学部専門科目「地方自治未来論」 鈴木 英敬 三重県知事 講義

日 時 2019年6月24日(月) 
15:00~16:30
場 所 13号館B1階 13B01教室(京都市北区上賀茂本山)
講 師 三重県知事 鈴木 英敬 氏
テーマ 三重発。新時代の躍動は地方から~「令和」の主役は君たちだ!~
対 象 本学学生(履修者以外の聴講も受け付けて開講します)
本件に関するお問い合わせ先
内容について:京都産業大学 法学部事務室   TEL:075-705-1458
取材について:京都産業大学 広報部      TEL:075-705-1411
PAGE TOP