サギタリウスチャレンジ

今しかできないことを、思いきりしてほしい。

京都産業大学は、「夢や興味」の実現に向かって、エネルギッシュに挑戦する学生を応援します。ジャンル問わずなんでもアリの 「チャレンジ部門」、自らの語学力と表現力を試す「スピーチコンテスト部門」の2部門で募集を行い、優秀な企画・作品 等に対して奨励金を授与します。大学4年間の「今しかできないこと」「今だからできること」を叶えるきっかけに、サギ タリウス・チャレンジにぜひ応募してみてください。多くの皆さんからの応募をお待ちしています。

チャレンジ部門

個人はもちろん、有志やクラブ、サークル、ゼミで「こんなことがしてみたい!」「あんなコンテストに参加したい!」などチャレンジの内容は夢に溢れるものであればなんでも自由。分野は問いません。
ただし、チャレンジ内容・目的が、クラブ・サークルやゼミ活動にあたると判断されるものは対象外です。

過去の採用企画例
『伝統工芸職人×学生「京のこしらえ」手しごと体験会を創る~伝統工芸の魅せ方開発プロジェクト~』
地域住民を対象とした「新たな伝統工芸体験会」を創出し、参加者に伝統工芸の魅力を感じてもらえる取り組みを実施。

『学内で採れたハチミツで商品開発』
「ミツバチ同好会BOOON!!」が学内で養蜂し、採取した蜂蜜を使った「ハニーナッツ」の商品開発。

『商店街ライブ@新大宮』
地域活性化のため、京都市北区・大宮商店街で店舗をお借りし、フリーライブを開催。

『淡路島、故郷を知って、活性化。-今こそ故郷を見直すべき時-』
淡路島産の食材を使ったメニューを提供するカフェ(期間限定)を開店し、多くの人に、改めて地元の農業や自分の故郷の「今」を考えてもらう。

『京都産業大学と世界を「むすぶ」 -グローバル化環境整備プロジェクト-』
真の大学のグローバル化の実現を目的に、異文化交流フェスタなどの交流行事、留学生サポート企画などを実施。

『【布わらじと+αで】思わず寄り道したくなる、ほっとする里・静原』
静原町の魅力を伝えるため,布わらじなどの静原特産物(工芸品)を作って発信

『被災地・未災地学生交流会』
東日本大震災を経験した学生と、災害体験のない学生との交流会を開催

『カンボジアに井戸を贈ろう』
京都産業大学の学食にて義援金メニューを販売し、収益でカンボジアに大型井戸を寄贈

『ながーい流しそうめん大会』
放置竹林の問題について学んでもらうため、放置竹林250本を伐採して超ロング流しそうめんを実施

スピーチコンテスト部門

「日本語・英語・中国語スピーチコンテスト」にチャレンジしてみませんか?

  • 情熱や好奇心を持って打ち込んでいるものがある人!
  • 目標を持って勉強・研究などに励んでいる人!
  • 海外留学経験がある人!
  • 独自の価値観や思いがある人!

などなど身につけた語学力をフルに発揮し、あなたの個性あふれる経験、熱い思いをぜひ、この機会にスピーチに込めてみてください。なお、中国語のみ、暗誦部門があります。

コンテスト趣旨

社会的現象や個人的な経験を正確な根拠に基づき分析し、そこから導き出される持論を他者へ向けて発表することにより、チャレンジ精神、語学力、豊かな表現力及び論理的思考を育成する機会とします。

スピーチテーマについて

「自由テーマ」

(例)世界を取り巻く社会問題、政治・経済・教育について、大学での勉学や海外留学経験、部活動、課外活動、その他大学生活において打ち込んでいること、将来の夢、自身の興味関心、家族・友人など、テーマは自由。


過去の募集内容

お問い合わせ先
【チャレンジ部門】
学生部(10号館1階)
Tel:075-705-1432 Fax:075-705-1509
(窓口取扱時間:月~金曜日9:00~16:45、土曜日9:00~12:00)

【スピーチコンテスト部門】
国際交流センター(12号館1階)
Tel.075-705-1455 Fax.075-705-1456
(窓口取扱時間:月~金曜日8:45~16:30、土曜日8:45~12:00)
PAGE TOP