ボランティア活動の探し方/
ボランティアをするときの基本ルール

ボランティア活動の探し方

ボランティアはあらゆる分野で活躍しています。それだけ裾野が広がり、選択肢も増えています。膨大な数の情報の中から自分にあったものを選ぶことに、最初は戸惑ってしまうかもしれません。ボランティアセンターでは、そんな方へのアドバイスも行っています。少しでも興味を持たれた方は、ぜひお越し下さい。

ボランティア活動を選ぶときのチェックポイント!

  1. どんな分野、活動内容か?自分の興味の持てる内容か?
  2. 活動時間帯は?単発なのか長期的なものなのか?
  3. 活動場所は?通える範囲か?

最後に、「自分に無理をしていないか」をチェックしてください。

時間的、体力的、精神的、技術的に厳しい、またはそう予想される場合は、決して無理はしないで下さい。
まずは自分を大事にしながら、自分ができることからはじめましょう。

ステキな活動ができるといいですね。

ボランティアをするときの基本ルール

いよいよ参加するところが決まったら、さっそく活動です!気持ちよく活動が続けられるように以下のことを忘れず、充実した活動を行ってくださいね。

1.約束は守ろう

何事においても、約束を守ることは大前提です。活動を楽しく続けられるのは、相手との信頼関係があってこそ。活動先とした約束は、キチンと守りましょう。

2.プライバシーは守ろう

活動を通じて知った情報や秘密は漏らさないようにし、個々のプライバシーを尊重しましょう。

3.安請け合いしない

ボランティアだからといって無責任ではいけません。引き受けたことは、最後までやりとげましょう。

時には出来ないことを頼まれることもあるでしょう。安請け合いせず、出来ないことはちゃんと伝えること!無理はせず自分のペースを知って、自分の出来ることからはじめましょう。

4.相手の立場にたって考えよう

ボランティアは相手があってこその活動です。ひとりよがりにならないよう活動先の目的・考え方をよく知り、また自分の意見はしっかりと伝えてお互いに尊重しあう関係を築きましょう。

5.積極的に関わろう

ボランティアはお客さんではありません。ボランティアとして自分に出来ることは積極的に参加していきましょう。

6.万が一に備えよう

活動中、何があるかわかりません。万が一の事故に備えて、ボランティア保険には必ず加入しましょう。また活動時は安全確認を行い、自分だけで判断できないことは活動責任者に連絡・相談をしましょう。

7.自分自身を振り返ってみよう

時には自分自身の活動を振り返ってみましょう。自身の新たな可能性や、問題点に気がつくかもしれません。もし思い悩んだり、辛いことがあっても大丈夫。そんな時は活動先やボランティアセンターに相談してみてください。
PAGE TOP