さらなるチャレンジ

1年次で得た学びをさらに深めるため、新たなチャレンジへ。

インディペンデント・リサーチ、国際キャリア開発リサーチ、留学など自らの可能性を拡げるチャレンジを推奨しています。

海外フィールド・リサーチ

学びの意欲を高め、
国際社会で求められる力を実感する

  1. 必修科目として1年次末に、全員が約3週間の海外研修に参加。
  2. 出国前の事前授業、海外研修、帰国後の事後授業の3部構成。
  3. 1年次に学んだ知識とスキルを実践で試し、2年次以降のコース選択や将来の進路について考える。

国際キャリア開発リサーチ

海外で、研究や
課題解決の実施に取り組む

  1. 2年次以降に履修。夏休みなどに約2〜3週間の海外実習を行う。
  2. 民間企業や公的機関と連携し、海外でインターンシップや課題解決型研究に取り組む。
  3. 国内(学内や企業)で基礎的な事前研修を行い、帰国後は成果を報告。

目的と概要

国際キャリア開発リサーチA

プノンペン(カンボジア)で食品販売ビジネスの起業体験を行う

大学生向けに海外インターンシップを提供する団体のプログラムに参加します。インターンシップ型の海外起業体験プログラムで、約2週間にわたりプノンペンで採用・人事、マーケティング、商品企画・開発などの実務や起業を体験します。

国際キャリア開発リサーチB

援助とビジネスを融合させた新たな開発協力の取り組みに参加する

途上国の生産者や労働者が作る農作物などの商品を、先進国の消費者が公正な価格で購入し、生産者の所得向上を図るフェアトレード。近年注目される、商品の生産・流通・販売を一貫して行う援助とビジネスを融合させた開発協力を、約2週間のインターンシップを通じて体験します。

国際キャリア開発リサーチC

日本企業の東南アジア展開や政府開発援助の現場を体験する

企業や開発援助団体の協力を得て、ASEAN諸国でのビジネスや関発協力事業を体験。日本企業の東南アジア展開や政府開発援助の現場に赴き実務に携わることで、日本ーアジア間の貿易や開発援助の実態・課題などを学ぶ約3週間のインターンシップ型実習です。

長期留学プログラム

一人一人の希望に応じて選択できる留学先を用意
海外の交流協定校は30カ国86大学(2020年7月現在)

在学留学プログラム

本学の交流協定校で学ぶ「交換留学」「派遣留学」、留学先を学生自ら選ぶ「認定留学」の3種類を用意しています。期間は半年から1年間で、留学先で修得した単位は本学の卒業単位に認められるため、4年間での卒業が可能です。また交換留学生は、留学先での授業料が免除されます。

外国留学支援金(文系)

留学を経済面からサポート

京都産業大学は留学への支援金制度を設け、交換・派遣留学生には最大55万円を、認定留学生には最大45万円を外国留学支援金として支給します。

海外留学特別奨学金※

成績優秀な交換留学生対象の奨学金

交換留学生のうち一定の学力、語学力要件を満たす成績優秀者に対し、年額100万円の奨学金を支給する制度を設け、留学を奨励しています。
※年間3名以内、外国留学支援金および他奨学金との重複受給が可能です。

先輩の学び

PAGE TOP