世界を体感する学び

海外フィールド・リサーチ

学びの意欲を高め、
国際社会で求められる力を実感する

  1. 必修科目として1年次末に、全員が約3週間の海外研修に参加。
  2. 出国前の事前授業、海外研修、帰国後の事後授業の3部構成。
  3. 1年次に学んだ知識とスキルを実践で試し、2年次以降のコース選択や将来の進路について考える。

リサーチテーマ

英語圏

アメリカ

ポートランド州立大学とアリゾナ大学が拠点。「アメリカのビジネス」をテーマとし、現地の企業訪問や工場見学を通じてグローバルな経済活動の実情を学びます。

カナダ

アルゴマ大学とカルガリー大学が拠点。「ボランティア・地域貢献」をテーマとし、現地での活動を通して、地域住民の思いや企業の取り組みを学びます。

オーストラリア

パースにあるカーティン大学が拠点。自然保護団体の講義や先住民の方による体験型授業などを通して「環境保護」や「多文化主義政策」について学びます。

ニュージーランド

オークランド大学とマセイ大学が拠点。独自のエコシステムを体感するなど、現地でのフィールドワークを通して「文化的多様性」や「環境政策」について学びます。

アジア圏

タイ

チェンマイ大学が拠点。現地の公的機関や日系企業を見学し、「日本とタイの経済関係」や「ASEAN経済」の現状について学びます。

マレーシア

国立ウタラマレーシア大学が拠点。現地の政府機関、企業、NGOなどを訪問し講義を受け、マレーシア社会の「多様性」と「伝統」について学びます。

ベトナム

ホーチミンにあるホアセン大学が拠点。製造業・観光業などの現地企業や日系企業を訪問して「日本とベトナムとの関係」や「ベトナムの地域経済と社会」について学びます。

スケジュール(例:カーティン大学[オーストラリア])

1週目

  • コミュニケーションスキルのクラスで英語力をアップ
  • 西オーストラリアの「スワンバレー」や「フリーマントル」を訪問。調査の一環として世界遺産などを見学し、資料収集を行いながら、オーストラリアの歴史や文化を学ぶ

2週目

  • コミュニケーションスキルのクラスで英語力をアップ
  • 西オーストラリア環境保護協議会員をゲストスピーカーに迎えてのレクチャー
  • 歴史を学ぶ一環として「オーストラリア戦争記念公園」を訪問したり、環境政策の実施現場である自然保護指定の国立公園「ロットネスト島」の現地視察を行う

最終週

  • コミュニケーションスキルクラスの総仕上げ
  • 生物の多様性について学び、資料収集を行うため、「パース動物園」を訪問
  • オーストラリアの環境や文化の調査結果について、プレゼンテーションを行う
先輩の学び

マレーシアで見つけた
対立を乗り越えるヒント。

1年次の終わりに、マレーシア北部のケダ州に3週間滞在しました。マレーシアといえばマレー系を中心に、中華系、インド系から成る多民族共生社会。その中で固有の文化がどのように形成されているのかを調査しました。高校時代から途上国の開発・貧困問題に関心があり、大学でも意欲的に学んでいましたが、実際に海外で得た学びはさらにリアルで、意外なものでした。
途上国では社会問題の根底に言語や宗教など異なる文化の軋轢がありますが、マレーシアではそうした対立を乗り越える1つの答えを得ることができました。現地の学生たちに話を聞くと、民族が違っても互いの料理を褒め合ったり、イスラーム教の断食明けのパーティーにみんなで参加したり。相手の文化をリスペクトし、「一緒に楽しむ」という関係性が醸成されていたのです。社会問題は暗いテーマと捉えがちですが、その解決策は想像より明るく前向きなものでした。
帰国後、新たに立てた目標は、もっと海外に出て現地の人の話を聞くこと。SNSを活用して海外の友人とのつながりを強くすること。世界に飛び出すことで学びはより深まると確信できたことこそが、「海外フィールド・リサーチ」の最大の収穫だったと思います。

国際関係学部 国際関係学科 1年次
渡辺 美琴さん

※掲載内容は取材当時のものです。

国際キャリア開発リサーチ

海外で、研究や
課題解決の実施に取り組む

  1. 2年次以降に履修。夏休みなどに約2〜3週間の海外実習を行う。
  2. 民間企業や公的機関と連携し、海外でインターンシップや課題解決型研究に取り組む。
  3. 国内(学内や企業)で基礎的な事前研修を行い、帰国後は成果を報告。

目的と概要

国際キャリア開発リサーチA

プノンペン(カンボジア)で食品販売ビジネスの起業体験を行う

大学生向けに海外インターンシップを提供する団体のプログラムに参加します。インターンシップ型の海外起業体験プログラムで、約2週間にわたりプノンペンで採用・人事、マーケティング、商品企画・開発などの実務や起業を体験します。

国際キャリア開発リサーチB

援助とビジネスを融合させた新たな開発協力の取り組みに参加する

途上国の生産者や労働者が作る農作物などの商品を、先進国の消費者が公正な価格で購入し、生産者の所得向上を図るフェアトレード。近年注目される、商品の生産・流通・販売を一貫して行う援助とビジネスを融合させた開発協力を、約2週間のインターンシップを通じて体験します。

国際キャリア開発リサーチC

日本企業の東南アジア展開や政府開発援助の現場を体験する

企業や開発援助団体の協力を得て、ASEAN諸国でのビジネスや関発協力事業を体験。日本企業の東南アジア展開や政府開発援助の現場に赴き実務に携わることで、日本ーアジア間の貿易や開発援助の実態・課題などを学ぶ約3週間のインターンシップ型実習です。

長期留学プログラム

一人一人の希望に応じて選択できる留学先を用意
海外の交流協定校は30カ国86大学(2020年7月現在)

在学留学プログラム

本学の交流協定校で学ぶ「交換留学」「派遣留学」、留学先を学生自ら選ぶ「認定留学」の3種類を用意しています。期間は半年から1年間で、留学先で修得した単位は本学の卒業単位に認められるため、4年間での卒業が可能です。また交換留学生は、留学先での授業料が免除されます。

外国留学支援金(文系)

留学を経済面からサポート

京都産業大学は留学への支援金制度を設け、交換・派遣留学生には最大55万円を、認定留学生には最大45万円を外国留学支援金として支給します。

海外留学特別奨学金※

成績優秀な交換留学生対象の奨学金

交換留学生のうち一定の学力、語学力要件を満たす成績優秀者に対し、年額100万円の奨学金を支給する制度を設け、留学を奨励しています。
※年間3名以内、外国留学支援金および他奨学金との重複受給が可能です。

PAGE TOP