プリンタの利用

1. ご利用にあたって

教材・コンテンツ制作室のプリンタのご利用は有料となっております。
各種プリンタ利用の課金詳細及び証紙購入については、下記ファイルをご参照ください。

 
 

2. レーザー(カラー)プリンタの場合

カラープリンタ写真

 A4、A3、B5、B4版の大きさを印刷することができるプリンタです。
印刷に失敗した場合でも、コピーカードの減算数の返還や返金に応じられないことを
予めご了承の上、
マニュアルを確認して自己の責任において慎重に利用してください。

  • <ご利用に必要なもの>
    •  ・京都産業大学コピーカード
    •  ・印刷するデータ
  • <お支払い金額>
    •  ・カラー印刷(5度数)、モノクロ印刷(1度数)

※レーザープリンタ対応の持ち込み用紙のご利用は可能です。
※はがきの印刷は可能です。印刷する場合は、手差しに設定して10枚までずつを手差しトレイに置いて印刷してください。
 持ち込み用紙やはがきをご利用の場合も課金サービスになりますのでご注意ください。

 
 

3. 大判プリンタの場合

大判プリンタ写真

■HP Designjet Z5200PS

 最大B0ノビ(幅1,067ミリ)まで印刷することのできる大型のプリンタです。
 印刷に使用した用紙の長さ(テスト印刷や余白を含む)に応じて課金されます。

  • <ご利用に必要なもの>
    •  ・課金額分の京都産業大学所定の証紙(お支払い手続き)
    •  ・印刷するデータ
  • <証紙について>
  • <大判プリンタ印刷時間について>
    •  ・大判プリンタ印刷所要時間の目安(104KB)
    •  ※大判プリンタの利用には時間がかかります。データの作成方法やサイズ、用紙の種類によって所要時間はかなり異なります。時間に余裕を持って利用してください。
 
 

4. インクジェットプリンタの場合

インクジェットプリンタ写真

■EPSON カラリオ EP806A  

(便利なコピー&スキャナ機能付き)

 L版からA4までの写真印刷、プリンタブルCDなどのラベル印刷(左下の写真参照)ができます。
 また、メモリーカードからのダイレクトプリントが可能で、デジカメ、携帯のデータを直接プリントできます。
印刷に使用した用紙サイズ(テスト印刷や余白を含む)に応じて課金されます。

  • <ご利用に必要なもの>
    •  ・課金額分の京都産業大学所定の証紙(お支払い手続き)
    •  ・印刷するデータ、プリンタブルCDなど(光沢紙以外に印刷する場合)
  • <証紙について>

※インクジェット対応の持ち込み用紙のご利用は可能です。
持ち込み用紙をご利用の場合も課金サービスになりますのでご注意ください。

 
 

5. ラミネータ

ラミネート機器写真

印刷したものをラミネートすることができます。
ラミネートする用紙サイズに応じて課金されます。

  • <ご利用に必要なもの>
    •  ・課金額分の京都産業大学所定の証紙(お支払い手続き)
    •  ・ラミネートするポスター、書類
  • <証紙について>

※持ち込みのラミネートフィルムのご利用は出来ません。


 
 

6. カッティングマシン

ラミネート機器写真

その場でカッティングデータを作成することができます。
塩ビシート(シール素材)のサイズに応じて課金されます。
※カッティングのみの場合(シール持ち込み)は課金は発生しません。

【持込めるデータ】
ビットマップファイル(BMP)/CAD Overlay ESPファイル(RLC)/TIFFファイル(TIF)/ CALS G4 ファイル(CG4) PCXファイル(PCX) INTERGRAPHファイル(CIT) Sun Rasterファイル(RAS) JPEGファイル(JPG) Windowsメタファイル(WMF) Enhancedメタファイル(EMF)
  • <ご利用に必要なもの>
    •  ・課金額分の京都産業大学所定の証紙(お支払い手続き)
  • <証紙について>

PAGE TOP