2019年4月 生命科学部 誕生

生命科学の3領域に2つのアプローチで挑む

これまで本学が培ってきた生命科学の教育研究を発展させ、最先端の生命科学の研究を推進できる人材と、生命科学の研究成果を社会に還元できる人材の養成を目指し、「先端生命科学科」と「産業生命科学科」を開設。生命科学の主要な3つの領域に関わるさまざまな問題を2つのアプローチから解決します。


生命科学部の特色

最先端の研究と、社会科学との融合で、現代社会における生命科学の諸問題に挑む

生命科学を網羅する3領域を2つの異なるアプローチから探究

「医療・健康」「食料・資源」「環境・生態」の3領域に関わる、現代社会における生命科学のさまざまな問題の解決に「先端生命科学科」と「産業生命科学科」は2つの異なるアプローチで挑みます。「先端生命科学科」では、生命科学の深い知識と高度な実験技術を修得した研究者や技術者の養成を、また「産業生命科学科」では、生命科学と社会科学を融合させた独自の学びを通して、社会の諸問題に柔軟に対応できる力を養い、研究職や技術職にとどまらず、さまざまな産業分野で活躍できる人材の養成を目指します。両学科ともに少人数制で座学と実践を組み合わせた学びにより、高度な専門性と専門知識を社会で活用する能力を兼ね備え、生命科学の問題解決を通じて豊かな社会づくりに貢献できる力を育みます。


世界レベルの研究力で、生命の本質に迫る高度な学びを展開

高い研究実績と充実した設備を活かし生命科学の深い知識と高度な実験技術を修得

日々目まぐるしく進化を続ける生命科学の最先端分野を追究するには、高いレベルの研究環境と指導教員の存在が不可欠です。「先端生命科学科」では、長年にわたり培われてきた世界レベルの生命科学の研究力を活かし、高度な実験研究のもと、生命の本質に迫る学びを展開。深い知識と高度な技術、高い倫理観を持つ研究者や技術者の養成を目指します。

 


PBLやインターンシップなど、社会と連携した学びで研究成果を社会に活かす

生命科学の研究成果を産業分野でひろく活用できる人材を育成

高い研究成果を社会に活用できる人材には、生命科学の知識に加えて社会科学の知識も不可欠です。「産業生命科学科」では社会科学に加えてPBL(課題解決型学習)、インターンシップなどの社会と連携した学びも重視。生命科学と社会科学を融合する学びで、研究成果を社会に活かす手法や、さまざまな課題を解決する能力を養成します。

 

PAGE TOP