国際交流センター

世界に開かれたキャンパス、海外との交流が拡大

キャンパスの国際化の歩み

本学は開学当時から日本にも国際化社会が早晩到来することを予期し、「日本だけでなく、国際舞台で活躍できる人材」の育成を推進するため、学生レベルだけでなく研究者レベルでの交流も積極的に行っています。
学術協定は1967年に総長が台湾の輔仁大学との交流協定を締結したことから始まり、学生交流の第一歩は、1978年にニュージーランドのマセイ大学との「交換留学制度」からスタートしました。以後、海外の大学との交流を意欲的に進め、国際感覚をそなえたグローバルキャンパスとして展開しています。
今後も、本学学生が積極的に海外での大学生活に挑戦し、異文化理解をいっそう深め、国際コミュニケーション能力を身につけられるよう、さらなる国際ネットワークの拡大、充実に努めています。

国際交流の窓口

本学では国際交流を推進するために、国際交流センターを設置しています。同センターでは、留学希望者への各種情報の提供やさまざまなアドバイスを行っている他、留学先での不測の事態にそなえ、危機管理説明会などのオリエンテーションを充実させ、危機管理体制にも万全を期しています。また、海外から本学に入学した外国人留学生や交換留学生への生活全般についてのサポートも行っています。

国際交流センター

住所

〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
TEL:075-705-1455
FAX:075-705-1456

場所

12号館 1階北側

事務室開室時間

平日 8:45~16:30 土曜日 8:45~12:00 (昼休み:13:00~14:00)
※夏季・冬季休暇中 お盆および年末年始は一斉休業のため閉室

利用者の方へ

事務室内には、留学経験者のレポートや書籍などを設置していますので、閲覧希望の方は、事務室開室時間にどうぞご自由にお入りください。
留学資料(報告書・書籍など)
留学報告書
PAGE TOP