新しい経営学部 はじまる。

社会の変化が激しく先の見えにくい時代において、経営のあり方も大きな変革期を迎えています。これからは自ら変化を読み解き、自分も周囲も変えていくことのできるマネジメント能力が求められます。経営学部ではこれまでの3学科を統合。マネジメントに必要な機能を3つの知識領域「ドメイン」に編成し、分野を横断する学びでマネジメント能力を身につけます。

学科紹介

マネジメント学科

あらゆる業種・業界で通用するマネジメント能力を養成

経営学の基礎から、マーケティング、グローバル経営、最新のケーススタディなどのほか、資格取得に結びつく科目まで、これからのビジネス界で求められる知識・技術を幅広く網羅したカリキュラムを編成。
あらゆる業種・業界で通用するマネジメント能力を身につけていきます。

経営学部の特色

今求められる統合的なマネジメント能力を養う、新しい学び方。

あらゆる経営資源をトータルに管理できる能力を養成

グローバル化、多様化が進展し社会構造が劇的に変化する今、企業経営においても複雑性や不確実性への対応が求められています。そのためにはひとつの専門を追究するだけではなく、多様な能力を持ち、それらを統合することで新しい価値を生み出すマネジメント能力が必要です。経営学部では学際的・横断的な学びを通じて、ヒト、モノ(機械や技術)、カネ、情報に加え、時間といった環境面も含めた経営資源をトータルに管理できる能力を養います。


入学時に専門分野を決めることなく学びながら方向性を見いだせる

経営学部は1学科構成。入学時に専門分野を決める必要がありません。学修方式は、基礎から応用へという旧来の積み上げ方式ではなく、いわば「逆T字型」。導入段階では基盤科目を通じて幅広い思考力を養うとともに、3つの学びの領域である「ドメイン」から幅広く学修することで、自分の得意分野や方向性を主体的に見い出していきます。専門・特化・深化を自然にやり遂げられる教育プログラムを提供します。


組み合わせは自由自在
自分をマネジメントしながら学ぶ

経営学部の学びの領域は「戦略と組織」「マーケティングとイノベーション」「アカウンタビリティとガバナンス」の3つ。1つのドメインを「リーディング・ドメイン」として選択したら、3領域をバランス良く学ぶことも、いずれかを多く学ぶことも可能で、学生ごとに組み合わせは自由自在。このしくみのもとで学びながら、自分自身をマネジメントできる力も養い、能動的な進路選択へとつなげていきます。

PAGE TOP