キャリア形成支援プログラム

大学での「学び」と「社会」をむすぶ 日本を代表するキャリア形成支援プログラム

京都産業大学のキャリア形成支援教育は、学内での「学び」と、学外での「実践」を積み重ねるサンドイッチ方式。このサンドイッチ方式の学びを京都産業大学型の「コーオプ教育※」として展開しています。自身の将来を描き、考え抜く力・表現する力等といった「社会を生き抜く力」を育成するため、全学部、全年次の学生を対象とした20以上の多彩な科目を開講しています。
これらの科目の中では、学内での学びから得た知識・経験を生かし、企業から提示される課題に取り組むもの等、社会、企業との協働による「実践」型授業も展開しています。
皆さんの個性や自主性を養い、自ら考え行動する「社会で活躍できる人材」を育成します。

※「コーオプ教育」とは
コーオプ教育は、教育目標とそれを実現するプログラムや指導方法を企業と教育機関が共同で開発し、長期や複数回の就業体験を含んだ学習プログラムです。北米では100年以上の歴史があり、人材育成に成果をあげています。

PAGE TOP