動画・音声の編集

1.作成の流れ

  動画・音声編集を作業する前に以下ドキュメントを確認してから、AVラックやマニュアルを利用してください。
 

2. 作成に必要なもの

  • 動画素材の入ったメディア
    (ビデオカメラ、USBメモリなど。VHSやminiDVテープはAVラックを用いてDVD化すれば使用可能です。)
    ※LPモードで撮影したminiDVテープは撮影に使用したカメラを必ず持参してください。
  • 編集中の動画を持ち帰るメディア(DVD-R/RW、USBメモリ、ポータブルハードディスクなど)
  • 編集した動画を入れるメディア(DVD-R/RW、USBメモリ、ポータブルハードディスクなど)
    ※DVDメディアは太陽誘電製など、原産国に「日本」と記載されているものをお勧めします。

※編集される動画や音声データの著作権には十分に気をつけてください。
著作権については、「初めての方へ」の中の「京都産業大学 インターネット利用に関するガイドライン」をご参照ください。


 
 

3. AVラックを使用する場合

AVシステムラック写真 AVラックの構成や機器の説明は以下のページをご覧ください。 ■動画
  VHSやminiDVテープからDVDにメディアコンバートを行うことができます。
 パソコンはVHSやminiDVテープから、直接映像を取り込むことはできません。パソコンで編集作業を行う場合は一旦DVDにデータを変換してパソコンに取り込んでください。

■音声
 カセットテープやMDから、mp3にメディアコンバートを行うことができます。
 パソコンはカセットテープやMDから、直接音声を取り込むことはできません。パソコンで編集作業を行う場合は一旦mp3にデータを変換してパソコンに取り込んでください。

 

4. クライアントで使用できるソフトウェア

HDDビデオカメラ、メモリビデオカメラのデータを編集する

 HDDビデオカメラ、メモリビデオカメラのデータを編集する場合は パソコンにデータを保存してから編集作業を行ってください。直接カメラからのデータを編集すると編集エラーを起こす場合があります。

 

AVラックで作成したDVDのデータを編集する

パソコン写真AVラックで作成したDVDのデータを編集するには以下の2つの方法があります。
  1. mpegファイルに変換してからアプリケーションで編集する方法
    変換したmpegはPremiereで編集可能になります。
  2. 直接DVDからデータを読み込む方法
    DVDからデータを直接読み込めるアプリケーションは以下となります。
    • TMPGEnc Authoring Works
    • Cyber link Power producer
    • ※(バージョンは不問)

     
     

PAGE TOP