京都文化学研究科(通信教育課程)

京都文化を専門的に学び、これからの地域社会や国際社会のなかで活かす

現在、国内外から京都及び京都文化が注目されています。1200年以上の歴史のなかで京都は、日本の伝統的な文化・芸術を育む一方、海外からの先進的な文化や技術を取り入れ、新たな文化や産業も生み出してきました。
本研究科では、多様な京都文化のうち、歴史・文学・文化財・伝統産業の4つを切り口に、専門的な視点・方法・知識を学び、調査・分析を行う中から、京都をはじめ、これからの地域社会・国際社会で活かせる知恵や技能を身に付けます。

研究科の特色

文化財や伝統産業に関する実学を深く学ぶ

京都には、今も多くの文化財、伝統工芸、美術工芸、その他の伝統産業が息づいています。本研究科では、これらに直接関わってきた教授陣から、文化財の保存と活用、伝統産業の展開などについて学術的な立場から指導を受け、調査・分析・研究します。

歴史や文学について、新たな文献学の手法で研究する

多様な京都文化を成り立たせた背景を調査するには歴史研究が、美意識をはじめ人びとの感性を理解するには文学研究が重要です。本研究科では、電子化をはじめとする研究環境の進展をふまえ、歴史・地理・文学に関する最新の文献学の手法も学び、京都文化を研究します。

通信教育で時間・場所を問わずに学び、ステップアップ

本研究科は、情報環境の発達をふまえ、社会人でも時間や場所にしばられず、学ぶことができる通信教育課程です。3年・4年かけて修了を目指す長期履修制度も含め、計画的に研究を進め、専門性を身に付け、ステップアップを目指します。

京都文化学研究科(通信教育課程)が育成を目指す人材像

本研究科では、働きながら学ぶ社会人を主な対象としています。
本研究科での学修をとおして、文献学における研究調査手法や実学における研究調査・実験手法を理解したうえで、現代社会における課題の探求・解決能力とその発信力の獲得など、高度な学術的知見と研究能力を有する職業人を育成します。
修了後には、本研究科で学んだことを活かし、高度な学術的知見を有する専門的職業人として、たとえば文化財や伝統産業に関わる業界の指導的立場で活動することが考えられます。
また、博物館・美術館・官公庁において京都文化の専門性に関わりのある部門の職員として、京都市内・京都府内に留まらず、国外も含め京都文化の魅力を発信し、産業の振興に寄与するような人材、このほか、高い専門性を備え、地域や社会で文化振興・観光振興の中心となり得る文化ボランティアとして活躍することが期待されます。

PAGE TOP