情報技術×理工学で、想像を超える未来をデザイン

情報学をベースに、電気・電子工学、数理科学、脳科学(神経科学)、デザイン学を融合した体系的なカリキュラムを構築。現代の情報社会のニーズに合わせた10コースを設定し、1コースだけでなく複数のコースを履修することもできます。ひとつの分野で専門性を高めることも、幅広い知識を身につけることも可能です。 

 

学部の特色


10コースから興味や進路に応じて学ぶ

多様化する技術に対応する10コース、組み合わせる学びでさらに可能性が拡がる。

10コース紹介
「例えば、こんな組み合わせと未来」新たなIot日用品を活用したネットサービスの創造、企業内や工場などでの未知の問題や危機を自動検知するシステムの創造

 

コースを1つ選んで専門分野を深めたり、複数を選んで知識と技術の幅を広げたり。履修モデルに沿って着実にスキルアップできます。


少人数教育によるきめ細かな指導

教員1人に対し学生約6人。私立大学の中でもトップクラスの少人数教育を実現しています。学生一人ひとりへのきめ細かな指導を通して、専門分野の研究に主体的に取組み、新しいことに挑戦できる能力を養います。

教員1人×学生6人

多彩な実験・演習科目により段階的に高度な実践力を修得

単なる詰め込み型の授業ではなく、多彩な実験や演習科目を通して、修得した基礎知識を活用する力を育成。情報理工学の専門知識はもちろん、応用力、情報に関わる高い倫理観を養い、情報社会の最先端領域で活躍する人材の育成を目指します。


研究を加速させる多様な分野からのアプローチ

情報理工学部は、理学・工学の多様な専門性をもつ教育・研究スタッフで構成されています。それにより、数理科学や電気・電子工学、脳科学、デザイン学など、分野を超えて連携を取りながら研究に取組むことが可能。あらゆる領域の知識や技術を融合することで、研究を飛躍的に発展させる体制を整えています。


3Dプリンタや実生活可能な実験住宅研究の可能性を広げる、充実の設備

情報理工学部では、最新機器を設置したさまざまな施設を用意しています。実生活も可能な「三Home(くすぃーほーむ)」は、新しいインタフェースが日常生活でどう役に立つのかを検証できる実験住宅。3Dプリンタやレーザーカッターなどの最新機器を整えた「ファブスペース」、プロダクトの発表や撮影が可能な「メディアスタジオ」など、充実の施設の数々が、研究の先にある可能性を広げています。

 

情報理工学部の紹介

コンピュータ理工学部独自サイト

情報理工学部では、学生同士、学生と教員の交流の場である「寺子屋」や「ランチタイムトーク」の様子、またデジタルコンテンツの制作合宿や、作品を学生から募集し選出・表彰を行う「制作・開発イベント」などの様子を独自サイトにて随時発信しています。

情報理工学部独自サイト

コンピュータ理工学部独自サイト

情報理工学部は、文部科学省のenPiTの一つであるenPiT AiBiC(ビッグデータ・AI・クラウド分野)教育プロジェクトの一環である AiBiC Spiral(関西地区)に参加しています。

PAGE TOP