学科概要(京都文化学科)

京都を通じて日本文化を再発見し、世界へ新たな価値を発信する

京都文化学科では、世界的視座から地域社会・地域文化に貢献する人材の育成をめざし、「京都文化コース」「京都文化英語コミュニケーションコース」の2コースを設置。日本文化の核となる京都文化の探究とともに、英語での海外発信をめざします。京都を舞台にしたフィールドワークによる体験型演習を充実させ、京都文化の特質というべき「地域性」と「国際性」を理解するグローカルな視点を身に付け、地域社会・地域文化の発展に主体的に取り組む人材の育成をめざします。

京都文化コース

卓越した日本文化研究の地・京都で、最先端の実践的な専門教育や地の利を活かしたフィールドワークによる体験型演習を行い、高度な専門力と幅広い教養、豊かな感性を育みます。

京都文化英語コミュニケーションコース

京都文化・日本文化を深く理解し、その魅力を英語で発信できる力を養います。原則として全員に英語圏の大学への長期留学を課し、英語でのコミュニケーション能力を養成します。

多様な文化への「敬意のまなざし」を手に入れた4年間。

先輩の“学び”


「文化を通して何を学ぶか」。高校生のとき、オープンキャンパスで耳にしたこの言葉が、ずっと自分の心の中にありました。僕は1年次の「京都文化フィールド演習」がきっかけとなり、京都の夏の風物詩、祇園祭で函かんこぼこ谷鉾の運営に関わってきました。学年が上がってステップアップする学びの中で、3年次には運営におけるリーダーの役割も経験しました。こうして4年間、京都の文化の一端にしっかりと触れ、学んできて気付いたのは、「文化には見えるものと見えないものがある」ということです。例えば、祇園祭の山やまほこ鉾や授与品、祭りの様式といった目に見えるものは華やかで多くの人を引きつけます。でも祭りの本質を支えているのは、これまで受け継がれてきた人々の歴史や技の数々など、目に見えないものなのです。それを知って、他の文化行事や海外の文化において「目に見えない部分」が重要であることに気付きました。「異文化理解」というと大げさに聞こえるかもしれませんが、自分にとって身近な存在であった京都文化の価値を、実感を持って理解することで、異なる価値観もリスペクトする意識を得られたと感じています。1つのことを突き詰めていくと、いつかの気付きがつながっていく瞬間がある。僕が京都文化を通して学んだのは、そんな伝統文化を通して見えてくる、さまざまな文化や価値観への敬意だった気がします。

京都文化学科4年次
米田 佑馬 さん

※掲載内容は取材当時のものです。

PAGE TOP