内定者インタビュー

先輩たちに聞く!大学4年間の成長ストーリー

東和薬品株式会社

失敗の日々を救う「コミュニケーション」を育む環境
「コミュニケーション」の真価を実感する学びの中で。

京都産業大学はキャンパスの居心地が良くて、一度大学に来ると授業がなくても夕方までなんとなくずっと居ました。周りの友人も同じでその間、皆と勉強したり、他愛のない話をしました。
ある時、友人に得意な科目を教えていると、改めて自分で特に勉強しなくてもテストの成績が良いことに気がつきました。「目の前の相手にわかってもらおう」と思って考えを整理すると、まず全体像を簡単に要約してから、具体的な内容を個別に話していく形になる。人とのコミュニケーションがそのまま勉強になると気づいたことが、自分にとっては大きなターニングポイントでした。
生命科学の研究はとにかく失敗の連続です。器材を準備し、細胞を増殖させ、経過を見てと、一つの実験に2、3日間かけるのは当たり前。それも簡単に失敗して「あの数日間は何だったのか」と途方に暮れます。そんな失敗のリスクと隣り合わせの学びの中で、重要になるのもまたコミュニケーションです。
実験の計画の際には先生と方向性を確認する、自分の考えやイメージを口に出す、研究室内で進捗状況を話し合う。コミュニケーションの質が上がると、成功の確率は大きく上がります。京都産業大学がワンキャンパスであり、学生同士や先生とのコミュニケーションが円滑に取れる環境だったことが、自分にとっては想像以上に成長のきっかけになったと感じています。
卒業後は製薬会社の医薬情報担当者として、医師や薬剤師の方々に薬の情報を届ける仕事に就きます。学部で得た生命科学の基礎と最先端の学び、そして失敗を繰り返しながら獲得したコミュニケーションの力を生かし、医療の現場を駆け回りたいと思っています。
 

総合生命科学部 生命システム学科 4年次
茂山 将市さん

※掲載内容は取材当時のものです。

UHA味覚糖 株式会社

何度失敗しても、諦めない。
研究で鍛えた“タフな精神”を生かす道。

未知の世界を知る面白さ。それが生命科学の魅力です。なぜ風邪をひくのか、ウイルスにどう対抗するのか、ガンとはどんな病気なのかなど、自分の体のことさえ知らないことが数多くあり、知るたびに魅了され続けた4年間でした。
特に興味深かったのが免疫学です。3年次から免疫学関連の研究室に入って、ガンの転移を抑制するメカニズムについて調べています。研究の目的は、免疫を抑制するPD-1やPD-L1と同類の分子を探すことです。私の研究対象はTI M-3という抗体で、「TIM-3とSIGLEC-10の結合を防げば転移が止まる」という仮説を立て、白血病の細胞を培養して試薬を加え、発現量の増減を見るといった実験をしていました。でも失敗の連続で、そのたびに原因を考え、手順や方法を見直しました。
4年次になっても毎日のように大学へ通い、それでも結果が出ないときは投げ出したくなることもありました。でも、毎朝5時起きの私のために弁当を作ってくれる母や、苦労を共にする友人の存在に励まされ、決して諦めずにトライし続けることが成果を生む一番の近道なのだと実感しました。
内定先は品質管理に力を入れる菓子メーカーです。
商品を多くの人に届けるためにも、品質の妥協は絶対にできません。研究室で学んだ試行錯誤の大切さは、品質管理にも通じます。培われた“諦めない精神”が私の支えになると信じています。

総合生命科学部 生命システム学科 4年次
山口 智子さん

※掲載内容は取材当時のものです。

山崎製パン株式会社

研究を通して学んだ丁寧さを武器においしくて、安全なパンを作りたい。

小学生の頃、親に連れられて地元の大学のオープンキャンパスに遊びに行ったことがありました。ちょうど植物に関わる研究室で子供向けの研究体験のプログラムをやっていて。大学ではただ座って勉強するだけじゃなく、生き物を扱うところならこんなに面白い実験がいっぱいできるんだと知っ て、この学部へ進むきっかけになりました。
私は雄性不稔個体という、花粉をつくらない植物の研究をしています。原因となる遺伝子を調べる実験は、まず植物を育てるところから始まり、そこで摘んだ葉を丁寧にすりつぶし、薬品を用いてDNAを採取する。その過程で異物が入らないよう、試薬の量を間違えないように心掛けたりします。ただ、命を扱う実験は繊細です。どれだけ緻密に進めても失敗することがある。時にはその場に崩れ落ちそうになりますが、思い切り落ち込んだ後は、どの過程に不備があったか順を追って考えて、次はさらに注意項目を増やして実験に臨みます。そんなふうに失敗の経験と丁寧さをちょっとずつ積み上げて成功率を上げていく。この感覚が好きでした。
春からは山崎製パン株式会社の生産課に勤務します。パンの製造工程は日々厳しくチェックされていて、現場で行われているのは、それこそ丁寧な試行錯誤の積み重ねです。
多くの人が口にするパンのおいしさや安全性に、学部で培った知識や技術で少しでも貢献できればと思っています。

総合生命科学部 生命資源環境学科 4年次
北野 史織さん

※掲載内容は取材当時のものです。

京都府教育委員会(中学校教諭)

この学部で学んだ多様な価値観、学びの面白さを伝える教師を目指す。

ずっと自分の将来のことで迷っていました。もともと教師の家系だったので、教育大学を目指す道も考えましたが、選択肢を広げたいと思い、京都産業大学に進学しました。
この学部に来て驚いたのは、とにかく周りが個性豊かだったこと。基本的に少人数体制なので、人との関わりが深かったせいもありますが、将来像一つでも教職を目指す、企業に就職する、大学院に行く友人もいる。丁寧な指導をしてくれる先生がいる一方で、ひとまず好きにやってみろと背中を押してくれる先生がいる。勉強も生命科学の基本から、自分の専門になった遺伝子の分野まで広く深く学べました。
学部全体が開かれているというか、企業の方との研究も盛んで、世界的に有名な先生も普通に学内を歩いている。4年間でさまざまな刺激を受けて知識や体験の「引き出し」が一気に増えた感覚があります。そんな世界の広さ、人の多様さ、勉強の面白さを知ったからこそ、「やっぱり自分はそれらを伝える教師になりたい」と改めて思いました。
志望した京都府の教員職は難関といわれ、一度では受からないだろうと覚悟していました。それでも面接で何を聞かれても、今まで学部で学んだ「引き出し」をどんどん開けるだけで話は尽きず、無事に採用通知を頂くことができました。
高校の頃に迷ってよかった。最後まで欲張ってこの学部で選択肢を広げたからこそ、“いま”にたどり着けたと思います。

総合生命科学部 生命資源環境学科 4年次
櫻井 洋輔さん

※掲載内容は取材当時のものです。

京都産業大学大学院 生命科学研究科進学

腸の蠕動(ぜんどう)運動に関する研究に没頭。
さらなる高みを目指して大学院へ。

生命科学を学ぶ魅力は、未知のものごとを追究していく面白さです。一つの結果を手にした時は、何ものにも代え難い達成感を感じます。
4年間の中で一番濃い時間だったのは、研究室に入ってからの日々です。私の研究テーマは腸の蠕動(ぜんどう)運動。蠕動運動とは、消化した食べ物を体外へ排出するまでの腸の動きです。具体的には、試薬を投与して腸の動きの変化を探ったり、腸が伸縮する際の数値を調べたりしています。
私の場合は、マウスの大腸を研究対象にしていますが、大腸を使用した実験は前例がなく、まずは数値の測り方を確立するところから始めたので本当に大変でした。
実験を進めるうちに、試薬を投与する場所や薬の量・濃さ、さらに個体によっても反応が変わるということがわかってきます。1~2年次の講義でも学んだ内容なので知識としては知っていても、実際にその反応を目の当たりにすると驚くことばかり。同時に「なぜこうなるの?」という疑問が生まれ、さらに研究に対する意欲が芽生えてきます。上手く結果が得られずに落ち込むこともありますが、諦めずにトライし続けられるのは、探究心が何より勝るからだと思います。
「私にはまだまだ学ぶ時間が必要」だと思い、研究室を選ぶ3年次の夏頃には、すでに大学院への進学を決めていました。大学院では蠕動運動の研究と並行して、いまだ原因不明な点が多い過敏性腸症候群のメカニズムについても解明していきたいと思っています。将来は製薬会社で、一人ひとりに合う薬を開発したい。研究を重ねる日々の中で、そんな目標も見えてきたところです。


総合生命科学部 動物生命医科学科
桐島 沙也佳 さん

※掲載内容は取材当時のものです。

京都産業大学大学院 生命科学研究科進学

世界初の実験に成功! より高度な研究の先に、自分だけの景色が広がる。

「もし選択肢が2つあるなら、面白い方を選べ」4年次で就職か研究か迷っていたとき、先生にかけられたこの一言が忘れられません。
企業で働くことも、大学で研究を続けることも、中途半端な気持ちでは続かない。「じゃあ、心から面白いと思うのは何だ?」そう突き付けられて、研究が何より好きだと自覚しました。
今は学部時代から続けている「タンパク質の品質管理」に関わる研究を行っています。大学院へ進学してすぐに、世界で初めて成功した実験があり、その結果を手掛かりに研究を進めているところです。
大学と大学院の大きな違いは、先生の教えをとにかく吸収していく「インプット主体の学び」か、自分で考えた仮説を実証していくような「アウトプット主体の学び」かという根本的なところにあります。実験を続けて得た結果をAでもない、Bでもない、Cでもないと可能性を一つ一つ潰して、突き詰めていく過程は、見た目以上にスリリングで面白い。
大学院ではより高度な実験にも挑むので、正直、失敗ばかりの日々ですが、学部生の頃と比べて実験のために使える時間も遥かに増えますし、スケールの違う成功もある。そこには覚悟を決めた人だけが見られる景色が広がっています。

総合生命科学部 生命システム学科
和田 匠太 さん

※掲載内容は取材当時のものです。

京都産業大学大学院 生命科学研究科進学

もっと研究を掘り下げて、
未来に役立つ植物を作りたい。

植物のオルガネラ(細胞小器官)に含まれるDNAの研究をしています。通常、植物のDNAは細胞内の核に存在しますが、実はオルガネラの一種であるミトコンドリアや葉緑体も独自のDNAを持っているんです。元は独立した生物だったミトコンドリアと葉緑体が遥か昔に細胞に取り込まれ、細胞の一部と化した今もDNAを残しているのはなぜか。想像する中で植物の世界にどんどん引き込まれました。
この研究を始めたきっかけは、2年次に手掛けた実験・演習です。葉緑体のDNAを抽出した時、葉っぱ1枚の中に精密で謎の多い物体がこんなにも詰まっているのかと、すごくロマンを感じました。
今研究室で行っているのは、新しい植物の研究です。遺伝子組換えによって、どんな植物を生み出せるか試行錯誤しているところです。最終的に葉緑体DNAの仕組みを解析できれば、核での遺伝子組換えより、もっと有用な植物を作れるかもしれません。大勢の人の助けにつながる可能性を秘めた研究だと思っています。
先生の参加する学会へ行くと、アリーナ規模の会場が熱気に包まれていて。たくさんの研究者たちが議論を交わし、熱を放って未来の世界をつくっていました。この分野を掘り下げていくことで、自分もいつかあの場所に立てたらと思っています。大学院への進学は、そんな夢への第一歩です。

総合生命科学部 生命資源環境学科 4年次
馬場 裕士さん

※掲載内容は取材当時のものです。

PAGE TOP