eduroam(国際無線LANローミング基盤)について / 本学構成員向け

作成:平成27年4月1日
 

1. eduroamとは

 世界中にあるeduroam参加機関の間でキャンパス無線LANの相互利用を実現するローミングサービスです。
本学構成員は、訪問先機関がeduroamに参加していれば、無線LAN接続が可能です。
eduroamについての詳細は、eduroam JPサイトを確認してください。

 

2. eduroamが利用可能な機関

eduroam JPサイト及びeduroamサイトに参加機関についての情報があります。

 

3. eduroamを利用するにあたっての注意点

 eduroamの利用にあたっては,訪問先機関の利用ポリシー等を遵守してください。 eduroamに接続して利用できるサービスは訪問先機関によって異なります。利用できるサービスについては,訪問先機関の窓口等にてご確認ください。
 また,訪問先機関によってはeduroamへの接続可能場所が限定されている場合があります。eduroamへの接続可能場所についても,訪問先機関の窓口等で確認してください。

 ※本学構成員は本学のeduroamを利用することはできません。本学で無線LANを利用される場合は,インターネットスポット(KSU2010gx,KSU2010nx)を利用してください。

 

4. eduroamに接続する手順

 eduroamに接続するための必要な情報は次のとおりです。

ESSID eduroam (※1)
無線LAN規格 (※2)
セキュリティの種類 WPA2-エンタープライズ
暗号化の種類 AES
認証方式 EAP-PEAP(MSCHAPv2)
ID 本学のユーザID@kyoto-su.ac.jp(※3)
パスワード 本学のパスワード(※3)
※1 ESSIDは一般的に「eduroam」となっていることが多いですが,訪問先機関によって異なる場合があります。ESSIDは訪問先機関の窓口等で確認してください。
※2 無線LAN規格は訪問先機関の窓口等で確認してください。使用される機器によっては,訪問先機関が提供しているeduroamの無線LAN規格に対応しておらず,eduroamに接続できない場合があります。
※3 本学のユーザIDおよび本学のパスワードはPOSTやActive!mailを使用するときに用いるものと同じです。

接続手順はインターネットスポット(KSU2010gx,KSU2010nx)と同じです。
(参考)インターネットスポットへ接続する手順

 ただし,eduroamに接続するためのESSIDは「eduroam」,ユーザ名は「本学のユーザID@kyoto-su.ac.jp」,サーバ証明書はccnic2.kyoto-su.ac.jpまたはccnic3.kyoto-su.ac.jpのものです。読み替えて接続手順を確認してください。

※本学のユーザIDが「sandai」の場合,eduroam接続時のユーザ名は「sandai@kyoto-su.ac.jp」となります。

PAGE TOP