その他

コンピュータガイド

2017年度版コンピュータガイド(17.4MB)  ライト版(4.77MB)

コンピュータガイドは本学の情報処理環境を利用する為のファーストステップガイド です。上記の内容と各Webのエッセンスをまとめて冊子にしています。

 

コンピュータガイドのアーカイブ

今までに発行されたコンピュータガイドをまとめています。

eduroamについて

eduroam(国際無線LANローミング基盤) / 本学構成員向け

 世界中にあるeduroam参加機関の間でキャンパス無線LANの相互利用を実現するローミングサービスです。 本学構成員は、訪問先機関がeduroamに参加していれば、無線LAN接続が可能です。

 

eduroam(国際無線LANローミング基盤) / 他機関利用者向け

 世界中にあるeduroam参加機関の間でキャンパス無線LANの相互利用を実現するローミングサービスです。 他機関の方が本学で無線LANを利用することができます。

本学学生割引ソフトウェア(Microsoft/Adobe)

Microsoft

 マイクロソフト社から学生を対象に,製品を無償提供するDreamSparkというプログラムが提供されています。 主な提供ソフトウェア(Windows 2008 Server, Visual Studio, etc.)

 

Adobe

 本学の学生・大学院生・教職員はアドビシステムズ社のソフトウェアを、アカデミックパッケージ価格より 更に安価に購入することが可能となっています。

遺失物について

  • 情報処理教室等でのUSBメモリの忘れ物がよくあります。学内で落とし物、忘れ物を見つけたら、最寄りの事務室に届けてください。3日以内に10号館1階の学生部に集められます。落し物の受け取りには学生証など身分証明書を持って学生部へ行ってください。
  • USBメモリ、電子辞書など貴重品には名前や学生証番号を書いておくと、落とした際に連絡がもらえる可能性があります。

P2Pファイル共有ソフトの通信制限について 

 インターネットの普及と共にたくさんのユーザーに利用されるようになったP2P ファ イル共有ソフトですが、共有されるファイルに著作権違反が多いという問題があります。
著作権違反の問題は、大学としては看過しがたいことであり、そのような行為には大学と して明確な姿勢を示す必要があります。
 また、加えてP2P ファイル共有ソフトはマルウェア感染の温床となっています。ファイ ルを求める利用者心理を突いて、高価なソフトウェアや、便利なフリーソフトを装ったソ フトウェアにマルウェアが埋め込まれており、利用者はそれらをダウンロードし利用する ことで、マルウェアに感染する恐れがあります。
 これらのことから平成23 年6 月1 日より、著作権法遵守、及びマルウェア(ウイルス等 の悪質なプログラム)感染の危険性があるP2P ファイル共有ソフトの通信を遮断していま す。詳細は以下のとおりです。

  通信を遮断するP2Pファイル共有通信について(平成29年6月1日時点)

aim-file-transfer generic-p2p netfolder stealthnet
allpeers gnunet openft tesla
ants-p2p gnutella pando thecircle
applejuice goboogy peerenabler totodisk
ares gtalk-file-transfer perfect-dark tubes
azureus imesh poco unknown-p2p
bittorrent ip-messenger-file-transfer pp-accelerator vagaa
direct-connect kazaa qq-download warez-p2p
emule kugoo seamless-phenom winmx
fasttrack manolito sendoid winny
fileguri ms-ocs-file-transfer share-p2p xunlei
fileswire msn-file-transfer softros-messenger-file-transfer yahoo-file-transfer
flashget mute soribada  
foxy neonet soulseek  
PAGE TOP