ことばと教養を究め、世界を目指す。

学部の英語名称 "Foreign Studies" が意味するのは、確かな語学力を下敷きに、豊かな教養を兼ね備え、世界で通用する「問題解決」の力を磨くこと。ワンキャンパスならではの幅広い学びの機会を提供します。

学科構成

私大屈指の「10言語」幅広い専攻ラインナップ


英語学科
Think globally, act locally!英語は世界市民へのパスポート

英語学科は、国際社会に飛び立つ力を育てます。レベル別のきめ細かい指導が行われる「英語専攻」。さらに、英語を活かしたエキスパートを目指す「イングリッシュ・キャリア専攻」。英語による授業や留学経験を通じて、高いコミュニケーション能力と豊かな教養を築き、広い視野に立って夢を実現しましょう。


ヨーロッパ言語学科
国と言語の枠を超えて「ヨーロッパ」を学ぶ

いま、一つの地域として、政治的・経済的なまとまりを強めているヨーロッパ。その多様性と密接な関わりを、国と言語を横断的に学びます。メディアなどの時代をリードする取り組みについても深耕し、幅広い視野を備えた人材を育成します。


アジア言語学科
世界経済を牽引するアジアを舞台に活躍する人材を育てる

今や世界経済の牽引役となったアジア。そのアジアを舞台に、多様な分野で活躍する人材を育てます。専攻の語学について基礎から丁寧に指導していくことはもちろん、アジアの歴史や文化、政治、経済などを幅広く学べるのも魅力です。また、日本語・コミュニケーション専攻では、日本とアジアの懸け橋となる人材を育成します。


国際関係学科
高度な英語力と優れた国際感覚をめざし、デュアルな学びにチャレンジ

国際社会・国際問題の諸側面に、政治学・経済学・社会学といった社会科学系の学びの視点からアプローチするとともに、それら諸分野について英語で議論できる力を身につけることを目指す専門的な英語教育を行うことにより、高度な語学力と優れた国際感覚を備えた「真の国際人」の育成をめざします。


2013年度以前 学科・専修

外国語学部の特色

学生全員が在学中に海外留学を経験できる

コミュニケーション能力を重視した語学力の修得に加え、異文化理解を深めることを目的とし、すべての学科・専攻で留学を推奨しています。1年次終了前の春休みには、約3週間の海外実習を実施。10専攻語を擁する外国語学部では、学科・専攻独自のプログラムで、真の国際性とは何かを身をもって体験できます。


専攻語+英語 ともにレベルアップ

現実の社会生活で活用できるコミュニケーションの手段としての外国語運用能力の育成に主眼をおき、高度で実践的な専攻語の運用能力を養います。併せて、大学卒業時に多くの企業が求める英語を全学科の副専攻語と位置づけ、段階的なプログラムを通じて外国語学部生全員の英語力を大幅にレベルアップします。さらに、全学科で英語の教員免許状が取得可能です。


主体的な学習を実現するゼミ、
アクティブ・ラーニング型授業

学生自らが積極的に学ぶ、参加型・双方向型授業が中心です。少人数クラスで、専攻語によるディスカッションやプレゼンテーションも多く取り入れています。ネイティブスピーカーの教員による個性的なカリキュラムなど、外国語や外国文化に対する興味をよりいっそう深める環境が整っています。


ワンキャンパスだからできる語学だけではない総合的な学び

各自の興味・関心に応じて他学部の科目を履修することもできます。また、司法通訳やコミュニティ通訳を目指す学部融合プログラムを用意しており、他学部の学生と切磋琢磨し、卒業後に即戦力となる知識と実力を蓄えることが可能です。ワンキャンパスならではの多様な学びの場が広がっているのです!

PAGE TOP