外国語学部 Q&A

外国語学部の学びに関して、
受験生の皆さまからよく寄せられる質問にお答えします。

Q. 外国語学部と文化学部の 学びの違いは?

A. 外国語学部では言語の修得 文化学部では異文化理解に重点

グローバル社会で活躍するための豊かな教養や問題解決力を身に付ける外国語学部と文化学部。外国語学部では、特定の国や地域の言語の修得に重きを置いているのに対し、文化学部ではその国や地域の言語、哲学、宗教、文学、芸術、民俗・歴史など、文化を構成する各専門領域を、あらゆる視点から研究する学問分野です。

Q. 英語学科と国際関係学科の違いは?

A. 高度な英語力を磨く英語学科 国際社会を読み解く国際関係学科

英語学科では、世界で通用する高度な英語力の修得や、英語圏の国々の言語や文化、文学などを学びます。国際関係学科では、集中的な英語学習に加え、政治学や経済学などの視点から国際社会に対する知識と理解を深め、複雑化する今日の国際情勢に対応できる人材の育成をめざしています。

Q. 留学の期間や費用はどのくらいですか? また、留学に行く際に奨学金制度はありますか? 長期留学に行って、4年間で卒業できますか?

A. 留学制度によって異なり、 奨学金制度も利用できます

費用は留学先や期間によって異なりますが、長期(半年から1年間)で約90〜450万円、短期(3週間程度)で約20〜50万円。また本学には「外国留学支援金」制度(文系最大:55万円が支給される制度)や「海外留学特別奨学金」制度を設けています。留学先で修得した単位は、審査により卒業に必要な単位として認定され、1年間留学しても4年で卒業が可能です。

Q. 在学中の留学は必須ですか?

A. すべての学科・専攻で 留学を推奨しています

語学力の修得、異文化理解を深めることを目的とし、すべての学科・専攻で留学を奨励しています。1年次終了前の春休みには、各学科・専攻独自のプログラムで約3週間の海外実習を実施。海外インターンシップも充実するなど、外国語学部生全員が在学中に海外で学ぶ機会を用意しています。

Q. すべて英語のみの授業で 卒業できる専攻があるんですか?

A. イングリッシュ・キャリア専攻では、 単位のほとんどを英語の授業で修得

卒業に必要な単位のほとんどを英語の授業のみで修得できる専攻として、英語学科イングリッシュ・キャリア専攻を設けています。イングリッシュ・キャリアとは文字通り、英語を活かした仕事をめざす専攻です。英語検定試験(TOEFL®、TOEIC®など)の成績などによって選考が行われます。

Q. 就職先にはどのようなところが ありますか?

A. 語学力を活かせる業種のほか、 翻訳者、通訳者としての進路も

修得した語学力を活かすことによって、商社、メーカー、航空会社、旅行業などのサービス業、外資系の企業など就職先は多種多様です。また英語学科イングリッシュ・キャリア専攻では、翻訳者や通訳者といった英語の専門家、外務省・防衛省をはじめとする省庁の事務職などの進路も想定しています。
PAGE TOP