日本経済リレー講義

「経済学への羅針盤として」

今ほど情報が豊富ではなかった時代、羅針盤を持たずに航海へ出ることほど危険なことはありませんでした。同じように、大学において方向性の見えない授業に出続けることほどツマラナイことはないでしょう。

「経済学部の授業は抽象的な議論が多くて、現実の経済との関わりがどうなっているのか分かりにくい!」
学生から良く聞く声です。でも、本当は、それぞれの講義は現実の経済社会の動きと密接な関連を持っているのです。ただし、実際の経済は非常に複雑なので、経済学には多かれ少なかれ、ある程度の抽象化が必要となってくるのです。自分の興味ある問題、勉強したいテーマ、そういったものがはっきりしていない学生は、往々にして抽象的な議論の波に流されてしまいがちです。それはまさに、羅針盤を失ってしまった大海の中の小さな舟のようなものです。
「できれば、そのような学生を1人でも少なくしたい!」
「より多くの学生に、興味を持って経済学の授業に臨んで欲しい!」
こんな教員たちの思いから生まれたのが、この「日本経済リレー講義」です。

現実経済の様々な問題、そしてそれらが経済学ではどのように扱われているのか。学部の早い段階からこのような点に興味を持ってもらい、上級年次での経済学に取り組めるような、経済学への羅針盤となるような授業を、この講義では目指しています。

この講義では、1年次生を対象に、経済学部教員がそれぞれの専門分野の立場から「日本経済は今どのような問題をかかえているか」という共通テーマについてリレー式でわかりやすく話をします。講義を通じて、日本経済の現状の理解を深め、現実の経済の動きに興味を持ってもらうとともに、上級年次で受講する経済学の専門科目へのステップとしてもらいたいと思います。

以下の順番で、海外と日本、経済政策の問題から、都市・環境・労働などの個別分野に議論が及び、最後に日本経済全体をまとめるという構成になっており、各教員の専門分野の内容を概観すると同時に、「やさしい日本経済入門」になっています。

2016年度講義内容 ※2017年度講義内容は9月に掲載

講義回 担当者   講義回 担当者  
1
(9/25)
福井 イントロダクション 9
(11/27)
並松 食品問題と農業政策
2
(10/2)
山田 日本の将来人口と経済 10
(12/4)
松尾 経済政策とその役割
3
(10/10)
八塩 日本の国家財政の現状と課題 11
(12/11)
寺崎 地域間格差の現状と対策
4
(10/16)
武田 地球温暖化問題とその対策 12
(12/18)
大川 戦後日本の貿易構造の変化と日本経済の国際化
5
(10/23)
上村 格差と貧困 13
(12/25)
川越 日米貿易問題
6
(10/30)
寺井 日本経済と物価 14
(1/15)
中国の経済成長をどう見るべきか
7
(11/13)
坂井 日本の金融システムの現状と課題 15
(1/22)
福井 まとめ
8
(11/21)
藤井 日本のエネルギーミックスの現状と課題      

履修上の注意

毎週講義のスピーカーが代わるので、経済学部にどのような教員がいるかを知る意味でも楽しい講義になると思われます。毎週の講師が何にポイントをおいて話そうとしているのか、興味を持って授業を聞くことが重要です。なお、授業内容と目的から、履修登録できるのは経済学部1年次生に限ります。
PAGE TOP