先輩の履修モデル

コンサルタントを目指し“幅広く”学ぶ。

林さんの履修モデル

3つのドメインを横断しながら段階的に学ぶ。
企業コンサルタントを目指すようになったのは、学部で出会った先生への憧れからでした。現役で活躍されていた頃の話に引き込まれ、「好きな自動車に関わる仕事で自分も」と経営学の学びに力を入れるようになりました。
今は経営戦略論から、分析の手法を学ぶ経営統計、利益を導き出す原価計算、そしてマーケティングまで、幅広く科目を受講して学んでいるところです。経営学は一つの学びだけでは成り立ちません。将来的にコンサルタントを目指すなら、3つのドメインの学びは全て必要不可欠です。
私の場合は、まず興味を持った経営と組織の分野をメインに定めて、次第に関連のある科目へと段階的に手を広げていきました。そして、今後はそこからさらに自分のやりたい学びを具体的に絞っていくイメージです。
一見、回り道のようにも思えますが、手を広げてこそ必要な学びが見えてくるもの。ドメイン横断は、段階的に学生のやる気や興味を引き出してくれる効率的なカリキュラムだと思います。

経営学部 マネジメント学科 2年次
林 崇裕 さん

※掲載内容は取材当時のものです。

公務員にも通じる“組織”を学ぶ。

佐藤さんの履修モデル

公務員と企業への就職を視野に入れ、「戦略と組織」を軸にして学ぶ。

私が関心を持ったドメインは「戦略と組織」。将来の選択肢として、公務員の道があったことも理由の一つでした。
「組織」に関わる科目を受講する中で特に興味深かったのは、組織の捉え方が人によって違うことです。例えばミドルマネジャー(中間管理職)の役割についてのイメージも人によってさまざまでした。
私は、個々の能力を見極めて「適材適所の仕事を振り分けること」で、業務がよりスムーズに進行し、かつ大きな成果につながるのではと考えました。一方で、他の学生の意見に目を向けると「社員のやる気を引き出すこと」から「風通しの良い組織をつくること」まで幅広い認識がある。つまり「組織が何を目的としているか」で果たすべき役割も違うのです。
将来どんな選択をしたとしても、大なり小なり組織との関わりは必須。私は今、所属するゼミで副ゼミ長を担当していますが、講義で学んだ組織に対する考え方はそこでも応用することができます。
こんなふうに「組織」など、1つのキーワードに注目することで、新たな気づきや発見があることも。ドメインを絞って専門的に学ぶメリットの一つかもしれません。

経営学部 マネジメント学科 2年次
佐藤 聖佳さん


※掲載内容は取材当時のものです。

会計の面白さを伝える 高校教師を目指して。

上田さんの履修モデル

数字が持つ説得力に魅了され、大学生活をかけて会計学に没頭

数字は「見る」ではなく「読む」。大学で学ぶ会計学は、単なる帳簿の書き方だけでなく、数字から企業の経営状態や未来を読み解くことができる面白さに気付かせてくれました。
1年次は幅広い科目を履修しましたが、2年次以降は会計関連の科目を増やし、今は会計学だけをひたすら勉強する日々。帳簿作りのルールを知ることから始まり、利益や負債から企業を分析する「財務諸表分析」、財務諸表の信頼性を裏付ける「監査論」などを学んでいます。数字を通して企業の姿がだんだんリアルに見えてくると、会計学はどんどん面白くなります。
将来の目標は、商業高校の教師になって会計の楽しさを教えたい。会計と人生設計は似ていると思います。「将来のために今何をすべきか」。そう考えるだけで勉強のモチベーションも上がります。
 

経営学部 会計ファイナンス学科 3年次
上田 綾人さん

※掲載内容は取材当時のものです。

経営学を通じて出合った広報の世界に憧れて。

濱田さんの履修モデル

起業を視野に入れた科目を学びながら、
広報に関わる知見を広げる。

将来は起業したい。高校時代に漠然とそんな進路を描いて経営学部を選択しました。でも、1年次の春学期に受講した「経営学入門」で組織を構成する個々の役割を学ぶうちに、企画や広報の仕事に興味が湧いてきたんです。
2年次は「経営組織論」「消費者行動論」「ソーシャル・ガバナンス論」など起業を視野に入れた科目を取りつつ、広報や広告をテーマにしたゼミを選択。企画を立案したり、広報関連のインターンシップに参加したりする中で、広報活動の面白さに目覚めていきました。企画を立ち上げ、資金を調達し、社会に発信する広報の仕事は、新しいものを生み出す起業に通じるものがあります。
経営学を学ぶなら語学力も必要と考え、3年次には留学にも挑戦。今は、高校時代よりもっとはっきりとした将来のイメージが描けています。
 

経営学部 経営学科 3年次
濱田 心さん

※掲載内容は取材当時のものです。

PAGE TOP