ヨーロッパ言語学科フランス語専攻

国際的に重要なフランス語の実践力を養う

フランスは、ファッションやグルメだけでなく、さまざまな分野において世界をリードする国です。また、フランス語は、フランス本国だけでなく、ベルギーやスイスといったヨーロッパの国々、アフリカやカナダなど、世界各地で話されています。国際連合において公用語とされ、多くの国際機関で使用されるなど国際社会において重要な役割を果たしています。このようなフランス語を学ぶ意義は非常に大きいと言えます。フランス語専攻では、実践型のプログラムを通じて高度な運用能力を身に付けた国際人を育てます。1年次から2年次にかけて、フランス語の基礎力を徹底的に養成しながら、コミュニケーション能力の向上に力を入れます。3年次から4年次にかけては、身につけたフランス語力をもとに、フランスの言語、文学、文化、社会などについての専門的な学びへと進みます。

カリキュラムマップ


芸術や文化といったフランスらしい
魅力について、語学とともに研究を深める日々

フランスの芸術や文化に魅力を感じていたことから、フランス語を選びました。フランス語上達のためにネイティブスピーカーの先生から受けたアドバイスは「特有の発声方法、語彙などを重点的に勉強する」こと。その教えに従うことで、着実に実力がつい
ているのを実感しています。また、ゼミでのグループワークを通し、自分の意見を伝える力やコミュニケーション能力も身につけることができました。現在はフランスの美術を研究するゼミに所属し、セザンヌという画家の作品について研究しています。


フランスでの海外実習でお世話に
なったホストファミリーと一緒に

フランス語学科3年次
(現 ヨーロッパ言語学科 フランス語専攻)
藤原 祐夏さん 

※掲載内容は取材当時のものです。

留学体験レポート

フランスの風景

PAGE TOP