専攻紹介

専攻フランス語

フランス語の基礎を学び、総合的なコミュニケーション能力を段階的に身に付けていくための科目です。1年次春学期にI、同秋学期にII、2年次春学期にIII、同秋学期にIVと段階を追って内容が発展していきます。「会話」では専攻語の積極的なコミュニケーション能力を養成します。「総合」では専攻語の運用能力を総合的に向上させます。「構造」では文法をベースに専攻語の言語体系を学びます。

フランス学入門

ことばの背景にあるフランス語圏の文化や社会事情など、フランス語を4年間学んでいくために必要な入門的・基礎的知識を学びます。

情報フランス語

インターネットで情報を検索をしたり、コンピュータを活用したプレゼンテーションを行なうなど、フランス語を用いた情報処理能力を身に付けます。

専攻基幹科目

フランス語圏の学問領域に関する中心的な授業科目群で、フランス語圏が持つ言語・文学・文化・歴史・社会・政治・経済等についての知識を学びます。
  • フランス語学概論
  • フランス語学A(音声学・音韻論)
  • フランス語学B(統語・意味論)
  • フランス文学概論
  • フランス文学A(文学史)
  • フランス文学B
  • フランス文化概論
  • フランス文化論A
  • フランス文化論B
  • フランス文化論C

検定フランス語(上級)

中~上級レベルの検定試験合格を目指します。

フランス語専門セミナー

フランス語のコミュニケーション能力をさらに発展させるために、卒業後の進路をも見据えた専門的テーマを設定し、4技能を融合させたコンテントベースの総合的な言語科目です。
  • フランス語専門セミナー(翻訳)
  • フランス語専門セミナー(現代文化)
  • フランス語専門セミナー(ジャーナリズム)
  • フランス語専門セミナー(ビジネス)
  • フランス語専門セミナー(伝統産業)
  • フランス語専門セミナー(現代フランスの諸問題)

特別英語

ヨーロッパ言語学科では、英語の運用能力の向上にも力を注いでおり、実践的な英語学習を副専攻と位置づけています。
PAGE TOP