ゼミナールテーマ(健康スポーツ社会学科)

運動の原理原則に基づいたスポーツコーチング
石飛 博之 准教授

運動プログラムやメニューは、スポーツ・指導者・指導対象の違いなどにより無限に考えることができます。では、どのような基準でプログラム作成を行えばよいのでしょうか? この演習では解剖学の観点から「動きを見る目」を養い、運動の原理原則に基づいたスポーツコーチングの習得を目指します。

障がいのある人のスポーツからスポーツ文化を考える
奥田 睦子 教授

障がいのある人のスポーツに見られる創意工夫や活動のための課題は、我々にスポーツ文化の多様性や現代スポーツの闇に気付かせてくれます。ゼミでは、障がいのある人のスポーツに関連する文献を読んだり、共にスポーツを行ったりしながら「人はなぜスポーツに夢中になれるのか、その条件は何か」などについて考えていきます。

身体運動のメカニクス
加藤 えみか 准教授

競技スポーツでは、各競技種目に必要なトレーニングを行うことで、そのパフォーマンスを発揮するために最適な形状(体つき)へ変化します。この可塑性を担うのが、主に骨格筋です。その形状と機能の適応や個人差について、筋力計や超音波画像診断装置を用いて筋形状や筋力などのデータを取得し、現場への活用を目指します。

学校教育が抱える諸問題と教員養成
国吉 恵一 准教授

子供を取り巻く現代社会の問題の中でも、学校教育に焦点を当て、生徒指導や学校安全の視点から考察します。3年次は学校の実態に即した事例検討などを行い、学校教育への理解を深める演習を行います。また、4年次は2年間の学びの成果物として自ら興味関心に沿って文献研究や調査を行い、卒業論文の制作を目指します。

スポーツ動作を科学する
髙梨 泰彦 教授

スポーツや身体運動を科学的に捉え、動作メカニズムの研究を通して、競技力向上や健康改善に寄与することを目標にしています。研究テーマは、「パフォーマンス向上を目的としたバイオメカニクス的研究」「健康寿命伸長や青少年の健全な発育発達を目的とした動作の研究」「人工知能等の最新IT技術を利用した動作評価システムの研究」などです。

スポーツ社会学
浜田 雄介 准教授

スポーツに関するさまざまな現象について、社会学的な方法や理論を基に考えてみようというゼミです。各自の興味に合わせて、文献を読む、調査を行う、発表や議論をする、レポートを書くなどの活動をしています。また、実際に身体を動かしながらスポーツの本質に迫るべく、「スポーツをつくる」という課題にも取り組みました。

離島を中心とした地域での楽しみづくり
濱野 強 教授

地域活性化を目指したスポーツイベントの企画、運動処方と地域の健康を支える環境づくり、サードプレイスとなる場づくり(カフェのオープン)、小学校でのスポーツ教室の実施、スポーツ・ヘルスツーリズムの実施など地域で人が集い、多くの人が交流を通じて楽しむことができるアイデアの検討・実施・評価を行っています。

運動学習を考える
廣瀬 勝弘 教授

本演習では、効果的な運動学習を行うための専門的な力量形成をテーマに活動を行っています。具体的には、体育・スポーツ指導に関連する文献精読を手がかりとして、指導計画の「立案・実践・省察」というサイクルを通して、確かな指導者が備える専門的な力量の形成とその向上に取り組んでいます。

競技力向上および健康の維持増進のための栄養・食生活に関する検討
吉岡 美子 教授

アスリート、児童・生徒、一般市民などを対象に、身体組成や食事調査を実施し、調査結果を解析します。そして、関連する文献を読みすすめながら、栄養・食生活に関する課題解決にむけて考察します。また、実際にスポーツ選手の栄養サポートや、児童・生徒および地域の方々を対象にした食育や健康教育なども体験します。

PAGE TOP