理学部 物理科学科 談話会を開催しました

2017.12.13

TAG:

トピックス研究理学部
理学部では外部講演者の方による談話会を定期的に開催しています。12月13日には、科学研究費プロジェクト(新学術領域研究:「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」)の「若手励起プロジェクト」の一貫として、単結晶作製を学ぶために本学に短期滞在中のChi Xuen Trangさん(東北大学大学院理学研究科博士課程1年、ベトナムからの留学生)による講演が行われました。講演のタイトルは「High-resolution ARPES study of TlBi1-xSbxTe2(TlBi1-xSbxTe2における高分解能ARPES(注)の研究)」であり、タリウム系トポロジカル絶縁体TlBiTe2 とTlSbTe2との固溶系でトポロジカル絶縁体に特徴的な表面バンド分散であるDirac錐が、バルクのバンドギャップが広がるとともに変化すること、またバルク絶縁性の高さについて、輸送特性で見る場合と光電子分光で見る場合とで違いがあること等について最新の研究成果が詳しく紹介されました。
談話会には学部2年生も含めた学生の参加もありました。英語と物理両方の側面から、学生が議論に参加することは難しいですが、専門家の議論の様子を間近で見ることは、学生達にとっていい経験になりました。
(注) ARPES : 角度分解光電子分光
PAGE TOP