数理科学科

情報化時代への対応も万全。 講義と演習から数学の魅力に触れる。

情報化社会の鍵となる活きた数学を学ぶことを目的に、コンピュータを実験道具として用いる実験数理による教育を重視しています。1・2年次には数学を基礎 から固め、3年次からは、興味のある分野を集中的に研究します。また、教職課程を履修することで「数学」の中学校・高等学校教諭一種免許状、「情報」の高 等学校教諭一種免許状を取得できます。

興味に合わせて選べる2つのコース

数学教育コース

中学校・高等学校の数学教員を志望する学生のためのコースです。大学の専門的な数学の立場から、小・中・高で学ぶ算数・数学の内容を考察。12年間の教育課程を統一的にとらえることで、つまずきやすい部分の関連性やその指導ポイントについての理解を深めます。「代数学と教育」「幾何学と教育」「解析学と教育」といった、コース独自の科目を設置。教育スキルの向上を図るとともに、高い専門性を有する数学教員を養成します。

BizMath(ビズマス)コース

一般企業や官公庁などへの就職をめざす学生のためのコースです。統計検定準1級合格を目標とする「統計演習」、不確定な現象について予想する「確率シミュレーション」、金融数学や数理ファイナンスなどで用いられる「リスクの数理」といった専門科目を開講します。統計はマーケティングなどで多用される数学でありながら、複雑な分析や判断ができる人は少ないのが現状。また、金融の世界においても、高度な数学知識が要求されるなど、数学を活かせるビジネスの現場は広がっています。

情報社会のカギとなる活きた数学を学ぶ

難題を解く達成感を楽しみながら
論理的な思考を磨く

数学が好きな理由は、無我夢中で取組み、難題を解いた時に達成感があるからです。数理科学科の授業では複雑な内容の問題文をしっかり理解した上で、さまざまな視点から考える証明問題が多く、ますます面白みが増しています。定義や定理を用いる問題では、情報を整理して順序立てて取組むことで、数学以外にも応用できる「目標に向かって何をすべきかを考える能力」が身につきました。卒業後は大学院に進む予定です。将来の目標は数理業務のプロであるアクチュアリーで、研究室で学んだ「確率論」が役立つと考えています。

数理科学科 3年次 
森 信哉さん


※掲載内容は取材当時のものです。

主な科目紹介

リスクの数理

人間は確定的なことを好み、不確定なことを嫌います。不確定なことはリスクであると感じるからです。不確定な事柄が確率現象である場合には、リスクを減らすこと、時には無くしてしまうことを考えます。

位相幾何学

位相型やホモトピー型といった図形の見方により、ドーナツ面や、ちょっと不思議なメビウスの帯やクラインのツボ、また3次元を超える図形などについて考えます。そして基本群という考えを導入し、理解を深めます。

演算の数理

素数や最大公約数など初等整数論を題材に、演算の数理を学ぶと共に、証明の読み方、書き方、手法を小テストによる実践を通じて学びます。また、整数論を応用したRSA暗号の数理的基礎を学びます。

複素解析学

複素数を変数とする関数を扱います。関数が複素に関して微分可能であることと原始関数を持つことが必要十分であるという性質を学びます。毎回、理論・定理の問題を反復練習し、基礎を積み上げます。
PAGE TOP