総合生命科学部 バイオフォーラム2017 開催報告(9月4日)

2017.09.04

TAG:

トピックス研究総合生命科学部

9月4日にタンパク質動態研究所セミナー/総合生命科学部バイオフォーラムを開催しました。
今回は、アメリカのThe Scripps Research Institute(TSRI)のWilliam E. Balch博士と、UT Southwestern Medical CenterのSandra Schmid博士を講師としてお迎えし、それぞれ「Understanding Genetic Variation in the Complex Landscapes of Protein Misfolding and Trafficking Disease(Balch博士)」および「Adaptive clathrin-mediated endocytosis and signaling in cancer cells(Schmid博士)」と題して、ご講演いただきました。
Balch博士には、ランドスケープをもとにしたタンパク質フォールディングの新しい概念を、Schmid博士には、クラスリンを介した新しい機構でのエンドサイトーシスをご紹介いただきました。
当日は多くの参加者が集まり、多くの質問で活発な討議が行われました。

PAGE TOP