植村 香織 研究員(寺地研究室所属)が日本育種学会優秀発表賞を受賞

2017.04.25

TAG:

ニュース研究総合生命科学部
2017年3月29日(水)、30日(木)に愛知県名古屋市で開催された2017年日本育種学会春季大会(第131回講演会)において、植村 香織 研究員(寺地研究室所属)の行った口頭発表が日本育種学会優秀発表賞を受賞しました。
児島 和志さん(生命科学研究科 博士前期課程・1年次)、寺地 徹 教授も共著者として受賞に貢献しました。

2017年度  日本育種学会賞等 受賞者一覧
講演番号417 「葉緑体内で自律複製する新たな形質転換ベクターの開発」
PAGE TOP