第41回植物バイテクシンポジウム「これからの植物科学」開催報告

2016.01.22

TAG:

トピックス研究総合生命科学部
1月22日に京都産業大学で第41回植物バイテクシンポジウム「これからの植物科学」を開催しました。
このシンポジウムは、植物研究の分野で活躍している若手研究者をお招きして、今後の植物科学の展開について考えることを目的に、京都植物バイテク談話会および本学京都産業大学生態進化発生学研究センターとの共催で開催されました。
名古屋大学、京都大学、龍谷大学、京都府立大学からのゲストスピーカーに最先端の研究成果について発表していただいただけでなく、京都府立大学および京都産業大学の修士課程の大学院生も1名ずつ研究成果を発表しました。本学からは、生命科学研究科の天野 瑠美さん(修士課程・2年次)が、植物の栄養繁殖に関して講演しました。京都産業大学、京都府立大学の大学院生を中心に、近隣の大学や企業から92名の参加者があり、「植物」をキーワードにした多様な研究について活発な議論が行われました。
多くの参加者により活発な議論が行われました
PAGE TOP