教員紹介ペレッキア ディエゴ

戻る

ペレッキア ディエゴPELLECCHIA DIEGO

文化学部 京都文化学科 准教授

学位
演劇学博士(ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校) Phd (Theatre) Royal Holloway, University of London
専門分野
日本伝統芸能(能楽)、演劇学 Japanese traditional performing arts (nōgaku); theatre studies.

プロフィール

イタリア出身です。子供の頃から外国語が好きで、ヨーロッパの色々な国を旅行しました。学生時代は漫画を読んだりしていましたが、2006年イタリアで能楽に出会って一目惚れしました。2007年初来日して、金剛流能楽師 宇髙 通成師に師事しはじめました。能楽の文化を国内外に広めるため、講演、ワークショップ等をやっています。学生時代はロックバンドをやっていましたので、今でも音楽が大好きです。

I was born in Italy in 1979. Since I was little I enjoyed learning foreign languages, and I travelled across Europe. I liked reading manga, but in 2006 I encountered noh theatre, and fell in love with the art. In 2007 I came to Japan for the first time, and started training under Kongō school noh actor Udaka Michishige. My activities as scholar and practitioner aim at disseminating noh within and outside Japan. When I was a student, I used to play in a band: even today music is one of my passions.

研究テーマ

学者でありながら能楽を実際にやっていますので、私の研究は現代世界における能楽の実践を焦点し、伝承、修行、上演、受容を含みます。近年、能楽世界における「素人」と「玄人」の関係を研究しています。異文化演劇にも興味があります。

I am a noh scholar and a practitioner. My research focuses on practice, from transmission and training, to performance and reception. Recently, I have been studying the relationship between amateurs and professionals in the world of noh. I am also interested in intercultural theatre.

研究活動・教育活動

  • Noh Creativity?  The Role of Amateurs in Japanese Noh Theatre. Contemporary Theatre Review. 27(1) 34-45 2017
  • ‘Noh at the Venice Biennale 1957’ and ‘Noh and European Practitioners’ A History of Japanese Theatre. Ed. Jonah Salz. Cambridge University Press. 2016
  • ‘Japanese Traditional Theatre Masks’ The Routledge Handbook of Asian Theatre. Ed. Siyuan Liu. Routledge. 2016
  • 「世界の能を目指すー宇高通成と国際能楽研究会」『能楽の現在と未来』 山中玲子編 野上記念法政大学能楽研究所 2015

担当科目

京都の伝統文化、京都文化演習Ⅰ、京都文化演習Ⅱ、英語で読む日本社会(上級)、英語で京都文化II、京都文化フィールド演習、京都文化特論IX、京都の芸能、サマーキャンプ
<科目の詳細はシラバス検索より>

ゼミ活動テーマ

このゼミは、京都で行われる様々なパフォーマンス形態(儀式・伝統芸能・イベントなど)を取り上げていく。学生はグループ及び個人で研究対象のリハーサルと本番を観察(可能であれば参与観察も)し、関係者にインタビューする。取材プロセスと研究結果を授業で発表し、フィードバックや意見交換する。期末に発表した内容を論文にまとめる。

In this seminar we analyze performance events in Kyoto (rituals, traditional theatre, etc.). Working individually or in groups, students research a chosen topic with a focus on observation (possibly participant observation) of rehearsals and of the live event, and on interviews with the participants. In class, students give presentations on the progress of their work. At the end of the semester, students submit a scholarly essay in which they detail the process and results of their research.

学生へのメッセージ

大学生になると、やっと好きなことを自由にできる時が来ます。一方、その自由を上手に使う責任を担わなければなりません。この重要な期間の内に、勉強、部活動、バイト、旅行などを幅広く、色々なことを試してほしいです。そんな経験の軸は、京都産業大学です。文化財・文化的なイベントが豊富な京都に出かけて、経験したことを授業でシェアしてもらいたいです。そして、私が研究している「能楽」は、京都の多様文化(文学、歴史、宗教、音楽、舞、工芸など)を学ぶきっかけともなります。是非、学割で鑑賞できる間、能楽堂に行ってください!

University means freedom to choose what interests one wishes to pursue. At the same time, one has responsibility for those choices. During this precious time, I encourage students to experience university classes, club activities, part-time jobs, and travels. At the core of all these experiences is Kyoto Sangyo University. Students are encouraged to take full advantage of the extraordinary number of cultural properties and events Kyoto offers, and share their experiences in class. Finally, noh theatre, which is my research field, is a medium through which it is possible to study literature, history, religion, music, dance, and crafts. I hope students will take the chance to enjoy noh performances while studying at Kyoto Sangyo University!

専任教員一覧に戻る

PAGE TOP