K.S.U. International symposium 「Frontiers in plant mitochondrial genome research」開催

2016.06.13

TAG:

イベント研究総合生命科学部
京都産業大学の国際共同研究推進プログラムの支援を受け、国際シンポジウム「植物ミトコンドリアゲノム研究の最前線」を開催します。
高等植物のミトコンドリアゲノムの変異と進化、雄性不稔と稔性回復の分子機構、スプライシングやエディティングによるミトコンドリア遺伝子の発現調節など、この分野の最新の話題が内外の研究者により提供されます。
細胞質遺伝のワンダーランド! 植物ミトコンドリアの遺伝学に興味のある向きは、是非ご参加下さい。
※都合により、演者の一部が変更になりました 
日 時 2016年7月7日(木) 13:15~17:15(12:30開場)
場 所 京都産業大学 図書館1階 Lib.コモンズ(図書館ホール)
キャンパスマップ(番号:P)
交 通 ※キャンパス内に駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
交通アクセス
備 考 事前申込不要・入場無料

Program

12:30 - 13:15 Registration
13:15 - 13:20 Opening Remarks
13:20 - 13:50 Extensive structural variation among radish mitochondrial genomes revealed by complete sequencing of mitochondrial DNA (T. Terachi, Kyoto Sangyo U., JAPAN)
13:50 - 14:20 Evolution of post-translational mechanism suppressing cytoplasmic male sterility in sugar beet (Beta vulgaris L.) (T. Kubo, Hokkaido U., JAPAN)
14:20 - 14:50 Genetic analysis of fertility restorer locus on chromosome 10 derived from a wild rice (T. Kazama, Tohoku U., JAPAN)
14:50 - 15:20 Genes and mechanisms for mitochondrial shape, number and distribution in Arabidopsis thaliana (S. Arimura, U. Tokyo, JAPAN)
15:20 - 15:40 Coffee Break
15:40 - 16:30 Group II introns and complexities of splicing in plant mitochondria (L. Bonen, U. Ottawa, CANADA)
16:30 - 17:10 Organelle DNA degradation in leaf senescence: a possible
role of organelle DNA as nutrient reservoir? (W. Sakamoto, Okayama U., JAPAN)
17:10- 17:15 Closing Remarks
This work is supported by JSPS KAKENHI Grant No. 26292007 and Kyoto Sangyo University Research Grant.
お問い合わせ先
京都産業大学 総合生命科学部事務室
〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
Tel.075-705-1466 Fax.075-705-1914

総合生命科学部事務室窓口取扱時間
平日:9:00~16:30(昼休み13:00~14:00)
土曜日:9:00~12:00
日曜日・祝日:休業につき取扱いいたしません。
sousei-jim@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP