試験について

試験について

パソコンからのアクセス:休講補講試験情報
https://portal.kyoto-su.ac.jp/portal/top.do

携帯電話からのアクセス:休講補講試験情報
https://portal.kyoto-su.ac.jp/portal/ktop.do

※SSL(暗号化通信)に対応していない機種では閲覧することができません。

履修した授業科目については、試験が行われます。試験の方法は、多くが筆記試験ですが、レポート試験・口頭試問等により行われる場合もあります。試験の種類は、次のとおりです。

(1)定期試験

一定の期間と時間割を定めて、春学期試験(春学期末)と秋学期試験(秋学期末)の2回実施されます。
試験の時間割は、通常の授業曜日、時限と異なることがあり、土曜日の午後であっても試験が組まれることがあります。
試験を実施する授業科目および時間割は、試験期間開始の10日前頃にPOSTにより発表します。
なお、定期試験の時間帯は、次のとおりです。

定期試験時間帯

第1時限 9:30~10:30
第2時限 11:00~12:00
第3時限 13:00~14:00
第4時限 14:30~15:30
第5時限 16:00~17:00
第6時限 17:30~18:30

注:科目によっては、最長90分の試験時間となる場合もあります。

〔追試験〕

追試験は「チャンスが2度ある」といった意味の制度ではありません。
規定の理由により定期試験を受験できなかった場合で、追試験期間中に受験が可能な場合願い出の対象となります。
願い出後、許可となれば追試験の受験資格が与えられますが、許可されたからといって自分に追試験を受験するかしないかの決定権が与えられたわけではありません。追試験を許可された場合、自分の都合で受験しないということは認められません。
不明な点がある場合は自分で判断せず、必ず教学センターへ事前に連絡・相談し、指示を仰いでください。

  1. 定期試験を次の理由により受験できなかった場合、願い出て許可になれば追試験を受験することができます。
    • 教育実習および介護等体験(教職課程講座センターの証明書要)
    • 博物館実習(教学センターの証明書要)
    • 卒業後の進路に関する試験(就職活動の場合は、あらかじめ進路・就職支援センターの指導を受け、所定の手続きが必要)
    • 裁判員候補者として呼出しを受けた場合または裁判員に選任された場合(公的証明書要)
    • 自己の責めによらない不慮の事故又は災害(公的証明書要)
    • 一親等・二親等の親族の死亡又は葬儀(公的証明書又は葬儀日程のわかるものが必要。原則2日間)
    • 病気又は負傷(診断書要)
      ※加療期間等の記載内容から当日受験できないことが読みとれる診断書に限る。
    • 〈診断書〉
      「体の調子が悪くてずっと家で寝ていた」では第三者に対して証明することができません。
      公的な証明を必要としますので、必ず当日中に医療機関で診察を受け診断書を取得しておいてください。
    • 交通機関の遅延(交通機関の遅延証明書要)
    • その他、本学がとくにやむを得ないと認めた場合(教学センターの指定する証明書が必要)
  2. 臨時試験、レポート試験および体育教育科目の実習は、追試験の対象になりません。
  3. 追試験を受ける場合は、1科目につき1,000円の追試験料が必要です。ただし、教育実習、介護等体験、博物館実習、裁判員候補者として呼出しを受けた場合または裁判員に選任された場合、インターンシップ、本学主催の短期語学実習およびその他本学が特にやむを得ないと認めた場合は、追試験料を免除します。
  4. 受験手続
    教学センターで交付する「追試験願」に所定事項を記入し、追試験料(1,000円×受験科目数)額面分の証紙を貼付し、当該科目の試験実施日を含めて3日以内(土・日・祝日を含む)に教学センターに提出してください。
    金曜日試験については、土曜日の窓口取扱い時間までとなります。また、暦によっては試験当日の窓口取扱い時間までとなる場合もありますので注意してください。
  5. 追試験を受験できなかった場合、再度の追試験は行いません。また、追試験を願い出ながら自分の都合で受験しない場合は以後追試験の願い出を受理しないことがあります。
  6. 春学期追試験は8月、秋学期追試験は2月に行います。

(2)臨時試験

授業科目によっては、平常授業時に臨時の試験が随時行われ、成績に加味されます。追試験の対象にはなりません。

(3)レポート試験

定期試験・臨時試験を問わず、レポート試験が実施される授業科目があります。
レポート提出が課された場合は、題目・枚数・提出期限・提出先等を確認し、指定どおりに提出しなければなりません。
追試験の対象にはなりません。

提出方法

本学指定の用紙・表紙を使用してください。
指定された窓口へ本人が学生証を提示し、提出してください。
また、必ずレポートを完成させた状態で提出に来てください。

期限(時間)に遅れた場合は失格となります。
提出後のレポート差替え、変更、内容加筆訂正等は認めません。十分注意してください。

試験に関する注意事項

1.試験に関する伝達

試験に関する伝達は、電子掲示板POSTにより行います。ただし、臨時試験については、授業担当者から直接口頭で伝達される場合もあります。
なお、発表後も変更になる場合がありますので、注意してください。
※追試験については、別途、願出許可者に指示します。

2. 受験中の禁止事項

a.許可なく物品・教科書・ノート類を貸借したとき。
b.他人の答案をのぞき見て写したとき、および写させたとき。
c.私語を行ったとき。
d.持込許可物以外の持込みおよび参照(カンニングペーパー等)したとき。
e.本人との替え玉受験を行ったとき。
f.机上等への書込みを行ったとき。
g.解答用紙を持ち帰ったとき。
h.不正な態度および監督者の指示に従わないとき。
禁止事項に反した者は不正行為とみなし、即時受験停止および当該科目の無効を命じられ、さらに、学則50条により退学、停学等の懲戒を受けます。

3.受験の心得

受験に際しては次の点を遵守しなければなりません。

a.試験開始10分前には前列から詰めて着席し、静粛を保たなければならない。ただし、座席指定の場合は、指示に従って着席しなければならない。
b.受験中は、机上に学生証を提示しなければならない。学生証(学生証番号、本人氏名、顔写真)をもって本人確認を行うため、顔写真が不鮮明等の理由により、学生証による本人確認が行えない場合は試験が無効となることがある。
c.筆箱および下敷きは試験開始前にかたづけなければならない。クリアケースのカバンを持っている学生は、中身が見えないよう、椅子の下に置かなければならない。
d.携帯電話・携帯音楽プレーヤー(iPodなど)等は電源を切りカバンの中にかたづけなければならない。時計としての使用は認められない。
もしも試験中に着信音(マナーモード含む)等が鳴った場合は、勝手に自分で触れず、手を挙げて監督者の指示に従わなければならない。
※上記について、監督者の指示に従わず勝手に手を触れた場合、不正行為とみなすので、注意すること。
e.解答用紙最下段の氏名欄等は、黒・濃紺色のペンまたはボールペンで記入しなければならない。
f.問題および解答用紙は必ず提出しなければならない。
g.試験開始後40分経過するまでは退場できない。
h.問題および解答用紙の提出は監督者の指示に従い、すべてのものを持って、監督者が指定する出口から退場しなければならない。
i.指定された日時及び試験場で受験しなければならない。。

4. 次の場合は、失格または無効となります。

a.上記「2.試験中の禁止事項」「3.受験の心得」に反した場合
b.履修登録をしていない科目を受験した場合
c.試験開始後10分以上遅刻した場合
d.休学又は停学中に受験した場合
e.試験において不正行為のあった場合
PAGE TOP