経済学部 大西ゼミ 井手応援隊

2017.12.03

TAG:

トピックスゼミ経済学部
私たち経済学部大西ゼミ・井手応援隊では12月2日・3日に井手町で活性化イベントを行いました。
2日は「灯してむすぶ井手!みねーしょん」と題しましたイルミネーションイベントを開催しました。玉川沿いを井手町の保育園・小学校・中学校にご協力いただいた紙パック灯籠で彩りました。そして椿坂公園では高さ約2.5メートルの「冬に咲く奇跡の桜」をイメージしたツリーをLEDライトで灯しました。ご来場いただいた方からは「本当に綺麗だね」や「今日だけでなくずっと灯しておいてほしい」といったお言葉をいただきました。このようなお言葉をいただけたことは、大西ゼミ生一同本当に嬉しい限りです。
3日は「いでとこころをむすぶハラペコランド」と題した井手町内で商いをされている飲食店のご協力のもとグルメイベントを開催しました。雲一つない快晴のもと行われたハラペコランドは大変盛況で学生が出店したブースでは野の花工房様(井手町)にご協力いただき草木染で染めた糸をミサンガにしていただく体験コーナーを設けました。老若男女問わず様々な方に体験していただき皆さん自分の願いを思いながらミサンガを編まれました。またミサンガ体験をされた方に井手応援隊で今年開発した「むすび飴」を配布し井手町産の抹茶と京都産業大学のハチミツを掛け合わせた飴は大変好評でした。
また、このミサンガとむすび飴の周知を図ろうと11月28日に5号館ロビーで「願いが叶う会」と題した配布会を行いました。大学で井手町のことを知っていただける大変貴重な配布会となりました。配布会終了後の食堂で、飴とミサンガについてお話されている学生さんがいらっしゃいました。一人でも多くの方に、井手町の良さを知っていただきたいです。 
文責:大西ゼミ
PAGE TOP