経営学部生が公認会計士に2年連続現役合格。実務家教員による指導や夢に向かって共に頑張る仲間たちの存在が、新たな夢の実現をうみだしていく。

2017.11.01

TAG:

メディア掲載教育経営学部プレスリリース

昨年、3年次生にして公認会計士現役合格を果たした森耀さん。京都産業大学から現役合格生が輩出されるのは、これで2年連続の快挙となる。彼が日夜勉学に励んでいたのは、志を同じくする学生の集う自習室。実務家教員による指導や共に頑張る仲間の存在が、高い目標の達成を支えている。

京都産業大学には会計分野の学問に特化した、会計ファイナンス学科がある。同学科に在籍する森耀さんは、昨年3年次生にして公認会計士の現役合格を果たした実績の持ち主だ。彼はキャンパス内の自習室で、同じように公認会計士を目指す学生たちと共に日々勉強に励んできた。
公認会計士試験は、会計学だけでなく法律、経営学も学び、最近の合格率は6~10%台と言われる難関の試験である。森さんは、一日10時間を超える勉強を約2年半続け、見事夢を掴んだ。勉強漬けの生活を支えたのは、気軽に利用しやすく集中できる自習室と、恩師・中田謙司教授のサポートだと彼は語る。
自習室は学生が自由に利用でき、好きなペースで集中して勉強が可能。また、年次もさまざまな学生たちが常に目標に向かって勉学に励んでおり、お互いに質問し合えるため、モチベーションを高く保つことができる。森さんはこの自習室を「世界で一番の勉強場所」と話す。そして彼らを見守る中田教授は、公認会計士として日米で活躍した実績を持ち、学生たちの頼れる先導者となっている。
森さんのように実直に努力する先輩の背中を見て後輩が育ち、そのバトンがどんどん次の世代に受け繋がれていく。先輩と後輩をむすび、その努力と夢をむすぶ空間が、現役合格という高い実績をうみだしている。
 

リリース日:2017-11-01

【京都産業大学ポスター】関西・北陸・中国・四国地区の交通各社の車内に掲出中
公認会計士試験合格時の記念写真。(左)森 耀さん、(中央)中田教授
先輩からの指導も盛んで、後輩の夢の実現を支える
お問い合わせ先
京都産業大学 広報部
〒603‐8555 京都市北区上賀茂本山
Tel.075-705-1411
Fax.075-705-1987
kouhou-bu@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP