国際ワークショップ「東アジアにおける信頼の強化」開催

2014.02.21

TAG:

トピックス
 2014年2月21日・22日の2日間にわたり、世界問題研究所が主催し、「東アジアにおける信頼の強化」をテーマに国際ワークショップが開催された。会場のむすびわざ館では、アジア、アメリカ、欧州から集まった12人のパネリストを中心に熱い議論が交わされた。

 21日午前の「国益の衝突を超えて」をテーマにしたセッションでは、ベトナム、中国、アメリカ、日本のパネリストが、それぞれの国が置かれた立場を踏まえつつも、できるだけ個人の視点に立ち、信頼強化のための新しい視点を模索した。午後の「海の安全保障」をテーマにしたセッションでは、日本、タイ、台湾、ベトナムのパネリストにより、現下の東アジアの最大の焦点になっている南シナ海および東アジアの海の安全保障を中心に議論が白熱した。

 22日午前の「地域協力と相互依存」をテーマにしたセッションでは、オランダ、シンガポール、インド、日本のパネリストにより、経済関係の発展による相互依存が安全保障上の対立を減殺し、地域共同体の発展をまねくかどうかについて真剣な議論が行われた。午後の総括セッションでは、特に日・中・韓の対立が激化する中で、歴史の射程を長くとらえたアジアの知恵を探求する必要はないかという問題意識にも焦点があてられた。

 議論はすべて、内外のプレスと京都を中心とする聴衆に公開され、2日間それぞれ約80人の参加者が集まった。

詳しくはこちら
世界問題研究所ニュース
VNU-Hanoi 人文社会科学大学副学長 Pham Quang Minh氏による報告
パネル討論の様子
会場の様子
PAGE TOP