京都産業大学DAY 2015 in東京 公開講演会「ファジーな京都文化」開催

2015.07.14

TAG:

メディア掲載

 京都産業大学では「知の発信」をコンセプトに、保護者・卒業生・一般の方を対象にした交流行事を「京都産業大学DAY」と称し、“大学全体の教育イベント”として位置づけ、全国各地で展開しています。
 7月26日(日)には、東京で「京都産業大学DAY 2015 in東京」を開催します。公開講演会では「ファジーな京都文化」を演題に、吉澤 健吉教授がお話しいたします。
 
 京都産業大学では、2015年4月に、世界的視座から地域社会・地域文化に貢献する人材の育成をめざし「文化学部京都文化学科」を新設しました。京都の地の利を活かして世界が注目する京都文化・日本文化を探究し、地域との交流から実践力や行動力も養います。今回、この文化学部の教員である吉澤 健吉教授が、京都文化の特徴について解説します。
 東京人からみて京都人は、はっきりものを言わない点などわかりにくいとよく言われます。しかし、そのファジーさにこそ洗練された文化があるのです。京ことばをきっかけに、縁側、座敷、障子、日本庭園などを例に、西欧文化と対比しながら、日本文化の特性について考えます。

講師プロフィール
 吉澤 健吉(よしざわ けんきち) 京都産業大学文化学部教授
1950 年、東京都生まれ。横浜市立大学文理学部卒。京都新聞社編集局次長、総合研究所長などをへて、2013 年から京都産業大学教授。専門はジャーナリズム論、京都文化論。現在、NPO 法人京都伝統フォーラム理事長、天台宗総合研究センター研究員など。

京都産業大学DAY
 京都産業大学の「知の発信」をコンセプトに、全国各地で教育イベント「京都産業大学DAY」を毎年実施している。保護者に向けての修学・就職などに関する説明や、個別懇談のほか、教職員、保護者、卒業生との交流会、また、一般の方も含めた参加者を対象に、教員による講演などを実施している。2015年度は、京都、東京、金沢、名古屋、滋賀、岡山、高松、熊本の全国8か所で開催。

リリース日:2015-07-14

開催日時2015年7月26日(日) 10:30~11:50 (受付開始10:00)
場  所東京ガーデンパレス (東京都文京区湯島1-7-5)
内  容講演会 「ファジーな京都文化」
講師 吉澤 健吉 京都産業大学文化学部教授
参 加 費無料・事前申込制(定員をこえているため、募集は締め切っております)
問合せ先京都産業大学 連携推進室
TEL:075-705-2952
PAGE TOP