キャリア形成支援教育科目「O/OCF-PBL2」京都鉄道博物館クラスがイベントを実施!

2019.09.29

TAG:

トピックス学生の活動キャリア地域社会

2019年9月29日(日)、「O/OCF-PBL2 京都鉄道博物館クラス」は京都鉄道博物館にて、ガイドツアーとスタンプラリーを組み合わせたイベント「鉄道スタンプラリーツアー」を企画、実施しました。

「O/OCF-PBL2」とはキャリア形成支援教育科目の1つで、企業等の課題提供機関から与えられた課題にクラスで取り組むことを通じて実社会で必要となる心構えや能力を身につけることを目的とした授業です。

受講生は、京都鉄道博物館より頂いた「京都鉄道博物館に『京都市在住者』を誘致せよ!」という課題に対して、スタンプラリーをしながら学生のガイドによって館内を巡るイベントを実施しました。本企画は、孫のいる世代の方に鉄道に関する知識を紹介することで、孫や友人にその知識を伝えることを通じて交流を図ること、また知識を披露する場として京都鉄道博物館への再来館を促すことを目的としています。

当日は2回に分けてツアーを行い、合計29名の方に参加頂きました。参加者には、京都鉄道博物館内を回り、各所で説明を受けた後スタンプを集めて頂きました。今回は50歳以上の方を対象としていたため、懐かしさを感じながら、孫や友人に伝えたくなるような豆知識をガイドに組み込むといった工夫をしました。その結果、参加者の方々からは「孫と一緒に電車について詳しくなりたいと思った」、「子供にも分かりやすくてよかった」といった声が聞かれ、楽しんで頂けた様子でした。

スタンプを押す参加者
ツアー参加者の集合写真
車両の説明をする様子
PAGE TOP