京都市民の身近な存在である鴨川を図書館所蔵の貴重書『賀茂川筋名細絵図』から読み解くLib.トーク開催!

2018.12.05

TAG:

メディア掲載プレスリリース

京都産業大学図書館は、12月11日(火)にLib.トーク「江戸中期の鴨川を知る~『賀茂川筋名細絵図』(元文3年:1738年)と川方勤書から~」を開催します。図書館所蔵の貴重書を使って鴨川の歴史を紐解きます。

【本件のポイント】

  • 対話を想定した新たな学習支援として実施
  • 本学図書館所蔵の貴重書を広く一般に公開
  • 学生が参加型イベントを通して、鴨川の歴史を学ぶ
京都産業大学図書館では、新たな学修支援として、学生との対話を想定した参加型イベント「京都産業大学Lib.トーク」を実施しています。
本年度、第4回目にあたる今回のテーマは「江戸中期の鴨川を知る~『賀茂川筋名細絵図』(元文3年:1738年)と川方勤書から~」。
今から約300年前、鴨川はどのような川であったのか、管理や納涼床など当時の人々がどのように鴨川と接していたのか、京都産業大学図書館が所蔵する貴重書『賀茂川筋名細絵図』を中心に、現代社会学部 鈴木康久 教授が解説します。

リリース日:2018-12-05

京都産業大学Lib.トーク
「江戸中期の鴨川を知る
~『賀茂川筋名細絵図』(元文3年:1738年)と川方勤書から~」

日  時 2018年12月11日(火) 17:00~18:30 (開場16:30)
場  所 京都産業大学図書館 1階 Lib.コモンズ(図書館ホール)
(京都市北区上賀茂本山)
講  師 現代社会学部 鈴木 康久 教授
対  象 本学学生・教職員・一般
定  員 150名(入場無料・事前申込不要)

お問い合わせ先

京都産業大学 図書館
〒603‐8555 京都市北区上賀茂本山
Tel.075-705-1446
PAGE TOP